« 近代登山と山信仰 | Main | 富士山が噴火したら? »

これはどうなるのか?

2005_10190068息子の稟議書にサインして、10万円で買い集めたパソコンのキットである。モニターは現行のトリニトロンを使用する。買い集めたら、沖縄に帰ってしまった。今年の、冬休みまでこのままなんだろうか?

私は今、色々と忙しく、手をつけれない、というか、判らん!メモリーも1ギガあるそうで、かなり高性能マシーンになると稟議書では書いてあったな。ホンマかどうか判らない。

とにかく、この筐体が届くのが遅れに遅れ、時間切れで息子は大学に戻ってしまった。ま、息子の勉強になるだろうと考えての処置では有りました。

私は秋合宿を控えているので、後ろにある飛行機の製作で忙しい。それに、色々あって忙しいのだ。

(文芸春秋の記事)

11月号を電車の中で読んでいるが、塩野七生さんの記事が面白かった。小泉さんに宛てた手紙というか、記事である。基本的にはエールを送られているが、自分の退任時期を言うのは止めたほうがいいと。国益に反すると述べておられましたね。

それと、男の美学に殉じるとか、潔く身を引くとか、優雅なリタイアを愉しむとかは、”あなたのように、高い地位と強大な権力を与えられている人の言うことではなく、それらには恵まれなかった、一般の人々のためのものだ”と。とにかく、刀折れ矢尽き満身創痍になるまで責務を果たし続けよと。

幾多のローマの歴史を研究し、カエサルに惚れた女史は怖いですね。(笑)

まとまりのない記事でした。週末は天気が回復する事を祈るばかりです。

|

« 近代登山と山信仰 | Main | 富士山が噴火したら? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Joさん、パーツ類ね、写真でみるかぎり、冬までおいたら、半端もん。二足三文の値うちもなくなるでぇ~。
それこそ、もってけ泥棒~や。
息子さん帰ってきても、はなもひっかけんよ。

まあ、長いblog付き合いやから、Muが助け船だしまっさー。
どうや、Joさん、大出血で一式4万で引き取ってあげまっせ。いま、時価でもそれやったら、2~3万の値うちしかでーへんけど、な、どうや、友達やんけぇ~おっさん、元気出して、どや、4万ぽっきりや。

近所のコンビニで段ボール大きいの二つもろてきて、一切合切ほりこんで、黒猫か佐川に電話かネットするだけの手間やで、すぐでける。
小遣い銭ないんやったら、送料は受取人払いでよろしおまぁ~

さあ、さあ、Joはん、もってけ泥棒、4万でひきとったるんや、はよ決心せいや、男やろ、男の美学、すかっとせいや。なあ、Joさん

Posted by: Mu | 2005.10.18 10:44 PM

自作パソコンでしたね

 JOさんがハンコ押した稟議書の題名は(自作パソコンにつき)でしたよね。
自分で作るから自作パソコン言います。
西方面のブローカのオッチャンみたいのんが(4万円でどうや?)いうても耳かしたらアカンよ。

 琉球へ宅急便で送るのも反対です。
親は金を出すだけ。
あとは全部子供に任せる、やらせる。
やつが動くまで黙って待って、後で、倉庫代払え、言うたるんです。

(関西のブローカのオッチャンに売りたい)
言うたら?

 好きにしなさい。

Posted by: ふうてん | 2005.10.18 11:31 PM

西方面のブローカさん
国立方面のふうてんさん

あたたかなる、ご助言有難うさんでおます。

私は、国立方面のお方の意見です、申し訳ないですが、折角の助け舟おじさんのお申し出にはお断り致します。お気持ちだけ、暖かく抱いておきます。

元々の主旨が教育でしたから、値打ちが下がっても関係がないですね。(教育になるのかどうか?これも、不明ですけどね。)

ところで、最近は自宅でも仕事をする機会が多いのですが、直ぐに飽きてしまいます。ビール飲んで、ガスレンジの換気扇を回して、タバコを吸い、部屋では息子の膨大なコレクションのクラシック音楽を聴いています。

なんか、クラシックも素晴らしいな・・・・と、思う今日この頃です。

Posted by: jo | 2005.10.19 09:58 AM

 Joさん
 ご自分で組み立ててみてはいかが?ラジコン飛行機の製作よりも簡単だったりして・・・

Posted by: | 2005.10.19 09:08 PM

テっちゃん

それね、考えたんやけどね、一番反対する人が身近にいるんや!嫁はんや。

何時も中途半端で終わるのが、joらしい。機械の修理をjoに頼むと元通りになったためしが無いと言うのがセリフや。

ま、機械は組み立つやろけどね、ソフトのインストールが面倒臭いのとちゃうか?

ま、やめとく。

Posted by: jo | 2005.10.19 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これはどうなるのか?:

« 近代登山と山信仰 | Main | 富士山が噴火したら? »