« ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 | Main | 八甲田の親爺の話 蚕編 »

雨の三連休

この三連休は雨でしたね。急に寒くなったので、風邪をひいた人も多いのでは?我が家でも、家内は風邪をひき、孫も娘も風邪模様である。

娘が働いているので、孫は学童に預けている。土曜日は私が孫の学童への送り迎えを任された。朝は9時から預かってくれ、夕方は6時に迎えに行く必要がある。晩飯の買出しをして、子供の好きなハンバーグの材料を買い、ひき肉とナスのトマト煮のスパゲッテイを作ろうと、アレコレ買出しをして向えに行く。

(ハンバーグとパスタ)

経済学部出身の私はハンバーグとパスタの材料の共通性に着目し、合挽きの肉を半分ずつ使う事にした。先ず、ボウルを二個用意し、ひき肉を半分ずつ分けて、ボウルに入れる。タマネギの微塵きりを制作し、これも半分ずつ分けて二つのボウルに投入する。

そして、先ず、ハンバーグから制作に入る。ナツメグ、パン粉、牛乳、塩、胡椒、を入れて手でこねる。手が脂まみれになるが、ここは手を使わないと駄目です。ゴマ油を少したらして素材の完成です。フライパンを熱して、ごま油とサラダオイルの混合油を引いてハンバーグの小判型に整形したものを投入する。

蓋をして、とろ火でじっくりと焼く。その間に、ナスを3個用意してそれを、縦に8等分する。表面は8割り程度皮を剥く。最後にまとめて縦型のナスを半分に切断する。ニンジンの細かく切ったものも用意する。ニンニクを細かく切る。

トマト3個を用意する、これも細かく切る。

ハンバーグが焼けると、次に、ひき肉とナスのパスタの制作工程に入る。フライパンを熱して、オリーブオイルを入れ、にんにくを投入する。そして、ニンジンと玉ネギの細かく切ったものを入れる。ある程度焼き目がつくと、ナスをドバっと投入する。そこで、白ワインを投入する。

トマトを投入し、コンソメを投入し、塩、胡椒を投入し蓋をして、しばし待つ。

そこで、ミートソースの缶詰を一缶入れるのがjo流のやり方である。これで、コクがでるのだ。缶詰だけでは、缶の匂いがして美味くも何も無い。しかし、新鮮な素材で制作した材料に少し、缶詰を入れるだけで、一段と美味しいものが出来るのだ。

ナスとひき肉のパスタとハンバーグは素晴らしい評価を頂きましたね。(風邪ぎみの孫とその他、風邪ぎみの大人約二名、味が判らんという声もある)

(翻訳をやっている)

久しぶりに、英文の技術資料の翻訳を約百ページやっている。久しぶりなのと、翻訳そのものが始めてなので、戸惑いが多い。仲間のお二人はベテランであり、一人はスペインとフィンランドで仕事をしていた人で、もう一人はベトナム人でベトナム戦争がはじまる前に東大に留学し工学博士号をとられたリモートセンシングの専門家である。奥様が日本人で今は、母国も無くなり、日本の国籍である。

昔は、英文の技術資料は当たり前のように読んでいたが、翻訳する技術は身につけていなかった。英文を読み、中身を理解すると翻訳できたと考えていた。しかし、理解したことを第三者に伝える作業は始めての事なので、戸惑いが多い。

このお二人は、フィンランド、ベトナムの企業と日本の掛け橋になる仕事をするのが夢である。実はもう一人の仲間の先輩は既にフィリピンと我が国の掛け橋の仕事をされている。私を入れて4人のメンバーが今、些細ではあるが外国と日本の掛け橋の分野で何かをしようと動き始めた。


|

« ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 | Main | 八甲田の親爺の話 蚕編 »

Comments

Joさん、やはり国際的ですね。
 ヨーロッパの中で、EUのメンバーとして確固たる地歩を戦後築いたドイツ。
 そして、日本は。

 Joさんが、大昔の大陸浪人というか、馬賊というか、間諜(笑)というか、ともかく活躍しだすんですね。

 楽しみです。

Posted by: Mu | 2005.10.10 11:26 AM

Muさん

EUが今後長い目でみて、どのように進化するか未知数です。EU憲法をこの前にフランスは否決しましたね。

そして、イスラムのトルコ加盟でもめている。EUがキリスト教文明圏を越えて、ボスポラス海峡を越えて進化するか?
みものですね。

ブッシュがこの前の演説でスペインからインドネシア迄のイスラク帝国の野望というテロ組織に対して、宗教を絡めて発言したが、これは、きな臭い発言です。

今日の朝鮮半島北部の動きは世界中が注目してるでしょうね。21世紀も相変わらず、戦争が続く世の中になるんでしょうか?戦争を放棄した憲法を持つ日本と、永世中立を掲げたスイスはユニークで堅持したいですね。

憲法改正の議論が具体化し始めましたね、慎重に冷静に行動したいと思いますね。民族が滅ぶ道だけは、避けたいですし、国を失ったユダヤ民族の悲劇と歴史を鏡にしましょう。

Posted by: jo | 2005.10.10 12:23 PM

Joさんのお料理を食べて育っているお孫さん、きっとグルメなお嬢様になるんだろうな~いやいや、愛情がタップリ入っているだけよ!ですか?

 いよいよ、新たな活動開始ですか~いいですね。哲も急がねば・・・何シヨッ?

Posted by: | 2005.10.11 04:20 PM

哲ちゃん

料理は心です。本人が美味い物を食べたいと思わないと、アカンね。仕事で、料理は出来ないです。

仕事も面白くないとやりたくないです。同じですね。仕事をお金稼ぎだけでは、やっても虚しいだけやね。

な~~~んて、偉そうな事を言うてるけど、本当は金儲けの為に働いているかもしれません。(笑)

ま、これからお互い、色々とあるでしょうが頑張りましょう。

Posted by: jo | 2005.10.12 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨の三連休:

« ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 | Main | 八甲田の親爺の話 蚕編 »