« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(11) | Main | 秋合宿の準備 »

Jo君の役に立たない資産運用

皆さん、資産運用はところで、どないされてますか?資産は身体しか、”アラヘン”と言う声も聞こえてきそうです。しかし、多少の虎の子とか、ヘソクリは額縁の後ろに隠しておられる主婦の方々も多いのではないでせうか?

しかし、銀行の預金は雀の涙ほどしかつきませんね、郵便局の定期預金でも同じようなもんです。何か面白く無い世の中ですね。ところが、昨年の夏にスイス旅行をした時にある御夫婦と知り合いましたが、奥さんが株で儲けてその金で旅行費用を捻出したと申されていました。

雑誌記者さんに会うと、最近は金儲けに関する雑誌が飛ぶように売れるそうですよ。時代は勤勉・貯蓄志向から、欧米のように投資志向に変化が現れているんでしょうね。

そこで、私も余裕は有りませんが、どないな資産運用をしているか、計画してるか、触れてみる事にします。この記事により、破綻しホームレスになられても、責任は一切負いませんので、あしからず。

(株式投資)

素人さんが株式に投資しても確実に儲かるシナリオは有りません。御存知のようにアメリカの年金資金とか中東のオイルマネーとか巨大金融資本が仕掛けてきますので、雀の涙の投資は吹き飛んでしまいます。プロの世界と考えていいのでは、ないでしょうか?

それより、好きな会社を徹底的に調べる事をお勧めします。以前、記事にしたかも知れませんが、会社を調べる事は簡単では有りません。経済学、経営学の知識が必要になります。しかし、徐々に勉強して覚える事が出来ます。そうすると、会社を通じて世の中が見えるようになるんではないでせうか?

私は現在株式を持っていません、全て売りさばきました。以前、ブッシュ大統領が日本を訪問する時点で全て売却しました。これは、理由が有り、アメリカの巨額の短期資本が東証に流れ始めたのです。ブッシュの訪日に合わせてね。今回の小泉さんの選挙でも、何か判りませんが巨額の海外資金が東証に流れましたね。

私は、株を買う場合は余程その会社を知り尽くしてからでないと、買いません。最近迄保有していた独立系SI会社の株は社長を良く知っていたので、信頼して買いました。結果は配当が年率4%程度の換算で、株価の変動は有りませんでした。

(外貨預金)

最近、ある銀行から貴方の誕生日に特別に○%にしますという勧誘に乗せられ、ニュージランド・ドルの外貨定期預金を少し、してしまった。期間は1年で毎月利子が振り込まれる、しかし、1年後にニュージランド・ドルが円に対して暴落していれば、その為替分は損します。ま、その時はそのままニュージランドの国民でもないのに、定期を延長しておればよろしい。人間の数より羊の数の方が多い田舎のニュージランドですから、あまり世の中は変わらんと思いました。

(海外投資信託)

投資信託というのは、株式投信と債権投信の二種類が有り、国内企業対象と海外企業対象と有ります。私は、今度これに挑戦してみようと考えている。友人は米国企業の債権に投資するファンドに参加した。ハイリスクとミデイアムリスクの二種類を購入し、ハイリスクは米国のランクBBBの企業債権を購入するファンドでしたね。

年利は二つのファンドを合わせて平均約6%でしょうか、二ヶ月ごとに利子が振り込まれる。この投資信託は日々、市場価格が変動しますので、買った時の元本が戻るかどうかの保証は有りません。しかし、このファンドは訊いてみると、5千億円の巨大ファンドですから、先ず、紙切れになる可能性は少ないでしょうね。

ところで、投資信託は多分最初に3%程度の手数料が取られますので、(最初だけ)忘れないないように。

(定期預金)

実は私は少しの額ですが、某銀行の定期預金に誘われてやりました。これが、一番確実ですが、5年間は解約も出来ない定期でした。少しの、額で良かったですね。しかし、少しは利率がいいんですね。

これからの時代は単に貯蓄をするだけの人生ではなく、色んなリスクはあるが面白い金融商品を研究して組み合わせて資産運用する時代になると思います。そうすると、企業や経済の事を勉強する事になり、世の中の政治までが見えてくる事になるのでは?と考えています。

お金の事を色々と考えるのは”よくない”という風習が日本にはありますが、守銭奴はいけないが、健全な金儲けは決して下賎な事ではないと思います。

|

« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(11) | Main | 秋合宿の準備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 こういう記事を待ってました~(笑)。

 主婦でも、株主優待券を楽しみに(株)を買うようになってきた時代です。
 私は運輸株で、実家へ帰る汽車賃を捻出しています。(といっても、その線ならどこまで行ってもタダという切符が、年に8枚ついてくるだけなんですけどね。)
 姉の持つ食品株の(お食事券)と(切符)を交換したりして楽しんでいます。

 (外貨預金)(海外投資信託)などは、すぐ元本割れするような恐怖があって、手を出してませんでしたが、興味はあったんです。Jo君のわかりやすい解説で、少し研究してみようかな、という気になりました。

 ご自分の例から、わかりやすい解説ありがとうございましたm(_ _)m。続編も楽しみにしております♪

Posted by: wd | 2005.10.06 08:17 AM

wdさん

運輸株は皆さん鉄道、バスの株主優待の特典を用意していますね。義理の父・母も京阪電車の株主で無料の定期を二枚持っておられ、菊人形も只ですね。

これも株の楽しみ方でしょうが、金は増やさないと意味が有りませんね。リスクに応じて金利は比例しますので、色んな金融商品を組み合わせてリスクの分散と利益の按配を図って下さい。

これを、専門用語でポートフォリオと言います。米国では小学校から教える資本主義の基礎教育です。

投資信託については、現在、調査中でしてそのうち又、記事を書くかも知れません。私が興味あるのは海外の企業の債権に対する投資です。

ファンドについてはその歴史を調べ、ファンドの資産総額とか実績を調べるのが先ず基本ですね。

Posted by: jo | 2005.10.06 10:55 AM

 Joさん
 身体しかあらへん!と言っても、このご老体では何もないと一緒ですかね・・・僅かですが、価値の目減りは防ぎたい、いや、増やしたいものですね\o(^o^)o/

 自分は、株(日本と中国)、外国債(オーストラリアかニュージーランド)、ゴルフ会員権?・・・駄目だ、資産運用を勉強する前に、管理ができていない|||(-_-;)||||||

Posted by: | 2005.10.06 01:41 PM

テツチャンもしっかり、資産運用してるではないですか?

中国の株はどないな按配ですか?又、元は切り上げ必須でしょうから円、ドルとの為替で儲かりそうですね。

しかし、共産圏だから何があるか判らんので、心配だす。

外国債もやっているんだ・・・・?どないな按配ですか?駄目か!何を買ったかも覚えてなさそうやね。質問はやめとくな。

Posted by: jo | 2005.10.06 02:32 PM

こればっかりは、人には言えないていたらくです。
30前後に今の住まいを買って以来、ローン地獄でした。
というわけです。
預金残高ゼロ以下、これはスリルあります。

考えてみれば、お金に縁のない一生のようです。
「お金」が嫌いなんじゃなくて、頭がまわらない、それが実情ですね。

だから、こういう記事を読むと、うきうきします。
Joさん、もうかったら、またどっかでおごってくれるにちがいない、というそういう精神ですね。

Posted by: Mu | 2005.10.07 09:54 AM

Muさん

お嘆きあるな、大学教授さんは本代とか学生の為にお金がかかる。きっと、晩年には鶴の恩返しとか、海がめのお迎えとか、雀のお宿とか、笠地蔵さんとか、池の女神とか、・・・
何か、幾らでも出て来るな・・・・。

其れほど、伝説があるくらい、人に施しをなされた聖人にはお返しが参りますぞ。

金儲けの話は、日頃、何の施しもせず、我儘に生きている娑婆の連中がする事ですぞ。

ま、旦那は老後が楽しみですな。

Posted by: jo | 2005.10.07 01:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jo君の役に立たない資産運用:

« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(11) | Main | 秋合宿の準備 »