« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(1) | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 心の旅(3) »

ドイツ紀行(ゲーテ街道) 心の旅(2)

今回はフランクフルト駅の風景と汽車、電車のキップについてです。

写真による風景はマイフォトを参考にして下さい。

ジャーマン・レイルパスを日本で購入

旅行代理店かHISなどでドイツ レイルパスを予め購入しておきましょう。私は、二人ペアのチケットを二枚、合計4人分を購入しておきました。二人分で6日間ドイツのDB(Die Bahn)が運営する鉄道を2等列車で乗り放題です。342ドルで購入しました。

割安で、日本で言えば新幹線の”のぞみ”の自由席から在来線の鈍行まで乗り放題です。滞在期間中の1ヶ月間で汽車に乗る日が6回(6日)可能という意味です。期間により、金額が異なりますので、Webを参考にして下さい。

ICE(Inter City Express)は時速250キロで走行します。ホンマ、ドイツは車も速く走るけど、汽車も凄いですね。鈍行でも直線では200キロ近い速度で走るんと違うかな~~。驚きました。

利点はキップを買う手間がかからないのと、割安です。その他、遊覧船の割引とか、バスとか、色んな特典がついていますので、良く調べて下さい。

先ず、ドイツで使用する日の最初に日本で購入したチケットを駅の窓口にパスポートも持参して有効処理をして下さい。鉄道関係者は誰でも知っています。

空港からフランクフルト迄の地下鉄

写真でmisayoが購入していますね。行きたい駅の番号を入力して、一人分のボタンを押すと、金額が表示されます。そしたらユーロコインを投入して下さい。紙幣でもいいです。そうすれば、キップが出て来ます。

キップを買わずに電車に乗り、もし、検札の人に見つかると法外な金額を要求されますから、絶対にキップは購入して電車に乗るようにしましょう。

初日の夜は駅の売店というか、スーパーというかそんな所で、ビールと桃とサンドイッチを買い、足の踏み場も無い部屋で食べました。MISAYOは日本から土産で持参した大福と納豆二つを平らげていた。

そうそう、ホテルの親爺にビールは何処で販売してるか訊いたところ、自分のビールをあげると言われた。ドイツではMy Beerを人にあげる風習があるんだろうか?初日から、変な親爺で出会ったものだ。

|

« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(1) | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 心の旅(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Joさん 
お帰りなさい。しばらくですね。
充実した旅でよかったですね。帰られて早速の記事のUPで、
いつもながら、お元気で、感心しています。

僕も投票のため、10日から京都へ帰っておりました。
琵琶湖経由で昨夜帰りました。
ゆっくり読ませて戴きます。

Posted by: Ys | 2005.09.15 09:52 AM

なんか、ぜんぶドイツ語ですなぁ。
行ってみたくなります。

それと、ドイツの人はなんとなく熊みたいに大きいなぁ。

ビールは、たしか発祥がメソポタミア、いまから5000年も昔なのに、どうやって、ヨーロッパ深部にたどりついて、住みだしたんでしょうね。

切符のことは、また、賢くなりました。時速200キロの在来線というのは、ちっとばかり、引きますね。

Posted by: Mu | 2005.09.15 11:19 AM

Ysさん

お久しぶりです。京都に帰省されていたんですか?それと、琵琶湖経由とは?水上機を飛ばしたという事ですね?

最近、琵琶湖で何と!”ピラニア”が捕獲されたそうですね?そのうち、琵琶湖がアマゾン川になり、遊泳禁止になりそうですね。

琵琶湖の鮒はどうなるんでしょうか?鮒寿司がピラニア寿司になるんでしょうか?

Posted by: jo | 2005.09.15 11:22 AM

Muの旦那

ドイツ人ですが、南部のミュンヘンあたりのラテン系が混じった連中と、北部の純粋にスエーデンあたりに生息していた頃のゲルマンとは体格が違うように思います。

南部は背が低いですが、北部は背が高いです。平均するとそんなにでかくは有りませんよ。

ところで、ドイツ人も多くアメリカに移民したそうですね、昨夜息子が言うてました、ブッシュもドイツ系移民だそうですね。そして、ネオコン連中もドイツ系が多いそうな。

ビールやけどね、多分にガリアをカエサルが制圧した頃にイタリアから伝わったんとちゃいますか?南北に走るロマンチック街道(ローマの道)で伝わったんやろな。

Posted by: jo | 2005.09.15 12:09 PM

時速200km以上の鉄道に6日間乗り放題、二人で342US$とは随分安く感じます。JRは高すぎです。東京~博多間は5時間半で、片道およそ2万2千円!

 アルバムを見ましたが、やっぱりインドの景色とは全く違いますね(´・ω・`)

Posted by: | 2005.09.15 01:17 PM

テツチャン

日本の新幹線には在来線が走っていない。長所と短所があるね。ドイツは広軌だから共用してるんです。しかし、沢山ののぞみを走らす訳に行かない。

けど、安いという訳やね。新幹線は競争相手がいないので、独占価格やね、儲かってるから安くして欲しいダス。

あのね、インドは経験ないけど、違うと思うよ!

Posted by: jo | 2005.09.15 02:41 PM

うあっ~!知らない間に、もうドイツ紀行(2)になっていました(笑)。

 駅の雰囲気は、日本と似ていますが、みんなドイツ語ですね。(当たり前か・・。)

 マイフォトは、一番下まで行かないと見られないんでしょうか?もっと最短距離で見られる方法はありませんか。

 ところで、ドイツビールのお味が気になります。黒ビールみたいな濃い味なんでしょうか。
 コンビニ帰りの袋の中味は、何ですかあ~?お酒のおつまみ?それともフランクフルト?へへ。

Posted by: wd | 2005.09.15 03:30 PM

Joさん 
飛ばしましたよ。琵琶湖はいつも波があって、特に小さな機体には しんどいですが、昨日は一時的に穏やかになり、一度だけですが飛ばしました。全速にすると簡単にプレーニングに入り、気持ちがいいです。
12日には、園部に行く途中、大堰川(八木)でも飛ばしました。(こちらも一度だけ) 盆には花火大会もある場所で、両岸が綺麗に整備され、水上機には最高の場所ですよ。昔はここでエンジン機も飛ばしましたが、いまは電動でないと民家が近いので無理ですが。(Yahooに少しUPしてあります。)

ピラニアは、誰かが飼っていたものを放したもののようですね。でも琵琶湖では冬を越せないので繁殖はできないそうです。ピラニア鮨より Joさん、バスは如何ですか?
ブラックバスは すずき(シーバス)の仲間で、てんぷらやムニエルにすると 結構旨いそうです。一時、滋賀県のどこかの小学校で給食メニューになっていたようですが。

Posted by: Ys | 2005.09.15 03:42 PM

wdさん

一応ドイツですから、ドイツ語ですね。昔勉強した筈ですが、全く覚えていなし、駄目でしたね。

ドイツビールは日本と同じ、ラガービールが基本だと思います。というか、製造について厳しい法律があるそうです。品質をかたくなに守るという、ドイツらしい風習です。

黒ビールも白ビールもありますよ、私は何でもビールなら大好きです。

ドイツは予想以上に、食べ物は美味しいでした、酢漬の野菜は人により好き嫌いがありますが、私は好きです。

Posted by: jo | 2005.09.15 10:53 PM

Ysさん

水上艇拝見しました、大堰川はいい場所ですね。水上機を飛ばすには最高ですね。

電動だと静かですから、周りに迷惑がかからないので安心して飛ばす事が出来ますね。綺麗な機体ですね、感心しました。

京都に帰っても飛ばす所はありそうですね。安心しました。

バスは食べる事が出来るんですか?始めて聴きました。スズキ科という訳ですね、けど、釣人は食べないんでしょう?
だから、いくらでも、繁殖しますよね。

琵琶湖を守らんとあきませんね。

Posted by: jo | 2005.09.15 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ紀行(ゲーテ街道) 心の旅(2):

« ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(1) | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 心の旅(3) »