« 東京猛暑なり | Main | 邪馬台国の考古学 »

炎天下 倒れそう、猛暑

ホンマ勘弁して欲しい、とにかく今日も猛暑である。京都のMuの旦那が帽子を被ると10度は頭の温度が下がるとおっしゃるので、帽子を被る。(これ、ホンマですかね?帽子の中にアイスノンを入れてるんや、ないやろな?)

(お盆の帰省)

来週末には帰省をするので、飛行機、新幹線を検索するが、全てソールド・アウトである。ゲ!日本のお盆の季節は横浜から関西に向かうのは至難の技である。考えてみれば、来週の話である。

そこで、青春18キップでも購入して、昔懐かしい東海道線で帰る、ロマンチック?帰省も考えたたが、鈍行で何時到着するか判らん運送ルートも不安になり、若者が利用するという、高速深夜バスを思いついた。

一番安いバスで目的の日に三席の余裕があった。何も考えずに家内と二人の席を衝動的に、しかも往復で予約してしまった。何と、往復で二人分の料金があわせて、1万9千円という超破格の値段である。新幹線で6万円を覚悟していたが、こんなに安い料金で関西の往復が出来るのだ。

(不安がよぎる)

トイレが無いバスである。新宿を夜中の11時頃にでて朝7時頃に大阪に到着する。まるで、護送車のような雰囲気ではないだろうな?別に、法は犯していないけど、カーテンが閉まったバスがひたすら走る。大丈夫だろうか?

ともかく、バスに乗れば寝ればいい。この日本民族が大移動する時期に今まで、予約をしていなかった罰である。
しかし、若者は安いこのような旅をする訳であるから、私も若者に負けず頑張りたい。

|

« 東京猛暑なり | Main | 邪馬台国の考古学 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Joさん、こんばんはよう、暑いのですかい?
 そういえば昨夕は雷と夕立がありました。
すかっとするかとおもいきや、湿気が体感で80%ありまして、全身がじわ~っと温かく湿る感じでしたね。嵐山の鵜飼をみている時のことでした。

 帽子は必須ですよ。脳を冷却するためのよけいな、過剰血流が生じて、剥離血栓もそこここを詰まらせて、脳が駄目になります。

 高速バスですが。一度はお試しあれ。8時間程度でしょうかね。
 しかし、これまで何度もMuはこれを利用しようとしましたが、そこら中で止められました。なんでか、わからない。大昔乗った経験では、飽きてくる感が残っています。
 いまなら、どうなんでしょう。
 人にもよりますから、結果を知らせてください。4万円の差が妥当かどうか。

 新幹線。高額ですよね。

 

Posted by: Mu | 2005.08.06 03:54 AM

Muの旦那

早朝からお目覚めですね。おはようさん。

やっと、ココログも正常に戻りました、先ほど迄動きませんでしたね。

昨夜は嵐山での豪華な宴があった御様子。夕暮れのいい情緒ある写真ですね。小倉山と愛宕山の背景に明るい料亭の景色。

こちらは、毎日猛暑が続いております。外を歩くには早朝に限られますな。遂に、クーラーの世話になっております。

深夜高速バスですが、最近は豪華な車もある様子ですよ。私は、スタンダードしか残っていなかったので、厳しいやつでしょうね。

大昔は、大きな荷物を担いで、鈍行の夜行列車で生活した人間ですから、大丈夫でしょう。

Posted by: jo | 2005.08.06 05:16 AM

 関西は暑いですよぉ~。昨日は京都で36.9℃、奈良でも36℃を超えました。
 
 昔、夜行バスで、京都から横浜まで行ったことがありますが、バスに乗っている間は寝ているので全然問題なかったです。ただ、身体の大きい人は(狭くてかなん!)らしいですが・・。

 帽子に手袋、日傘にUVカット化粧品、ありとあらゆるUVケアの準備をなさって、関西にお越しください(笑)。

Posted by: wd | 2005.08.06 09:32 AM

wdさん

何か戦地に赴く雰囲気になってきましたな~~。ともかく、関西は暑いというのが、かなわんです。

夜行バスのご経験がおありですか~~。飛行機で11時間の旅をするよりは、ましでしょう?

ヨーロッパとかアメリカの旅は10時間以上はザラですからね。頑張ります~~~。しかし、徹夜で朝に大阪に到着して、直射日光と蒸し風呂の世界にでると、死にそうやね。

Posted by: jo | 2005.08.06 09:53 AM

Joさん  お暑うございます。
高速バスはわりと快適ですよ。
自分で車を運転して帰る事を考えれば、はるかに楽ですわ。

僕は13日頃、自由席(新幹線)で帰ります。
新大阪行なら最近は大体座れますね。(新横浜は無理です)
16日の大文字を見て、翌日こちらに戻ります。

Posted by: Ys | 2005.08.06 10:16 AM

Ysさん

やっぱり京都の人間は大文字さんの火を見て帰らんとあきませんね。私、15日の深夜に京都を去ります。

今回の帰省は色々ありましてね。歳をとると、親類縁者も歳をとるんです。自分だけが、歳をとる訳ではありませんね。

長尾のお寺の墓参りが何時も、キツイですね。炎天下での草むしりが厳しいです。ホンマ。

お互い、無事に関西帰省できますように、頑張りましょう。

Posted by: jo | 2005.08.06 10:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 炎天下 倒れそう、猛暑:

« 東京猛暑なり | Main | 邪馬台国の考古学 »