« お盆始末記(2005) その2 | Main | イランに勝利 国民新党旗上げ »

お盆始末記(2005) その3

御蔵山寓居 奮闘記

宇治の木幡という古代栄えた場所に、御蔵山という山があります。古代に於いては、陵が多く存在する場所でして、今も宇治陵が存在しています。

実は、家内の御両親(元官僚)と私の姉夫婦(元官僚既に引退)の寓居がこの御蔵山に存在します。家内の父は享年80歳になられるが、官僚を引退後、未だ税理士事務所を大阪で構えておられます。私の姉も既に70歳を超えており、体力が衰えてきております。家内の御両親はここ数年は大阪の事務所兼住居でお暮らしで、宇治の自宅は空家の状態が続いていた。

しかし、お母様の体調も勝れず隠居の場所として宇治の家に戻られる公算が大きくなり、色々と問題点調査と修理に出向いた。

(ムカデ退治の巻き)

母屋は築40年が経過した木造建築であり、老朽化がすすんでいる。おまけに、庭には沢山の植木が存在し、ムカデとか、ヤモリとか、色んな虫が生息している。或る部屋にムカデが出たというので、家内と一緒にバルサンと家の周りに虫を寄せ付けない粉末の薬、それと虫を見つけた時に殺すスプレー缶を買いに出掛けた。

早朝4時半頃、御両親が離れの家で睡眠されてる時期にバルサンを部屋に設置して、消毒作戦開始である。2時間は密閉して消毒・殺虫作戦が継続要である。その間、虫が部屋から逃げてこないか、スプレー缶を持ち、待ち伏せ監視の始まりである。

3時間ほど、監視したが、虫が出てこないので、私は手ぬぐいでマスクをして部屋に突入し、換気の為に窓を全開にする。そして、又、息を殺したまま部屋を飛び出し、新鮮な空気を吸う。私が、虫になっては台無しである。

今度は、母屋の家の周りの土台部分と虫が入りそうな穴に粉末の薬を撒く。昔のDDTみたいな奴ではないでしょうか?しかし、家の中に生息していて、バルサンで死ななかったムカデがおれば、今度は家に閉じ込める事になるな・・・・と、矛盾を感じながら撒く。

(トユは落ち葉で詰まる)

母屋の屋根のトユには落ち葉が堆積し、腐葉土に変化している。ところどころで、草木が生えている程である。家内の妹夫婦がやってきて、半日かけてトユ掃除である。おまけに、屋根の上に設置した温水器が壊れていて、水漏れがする。この大掃除作戦は大変でしたね。梯子を支えていた妹は突然、トユから泥水をかぶる災難に遭遇していました。

(冷暖房機が利用できない)

冷暖房機を三台注文した、母屋に設置する為である、一台は存在していたそうだが老朽化で動かない。工事関係者が見積もりに来たが、40年前の配電盤と低容量配線ではこれ以上の、電化製品の設置は不能という。新たに配電盤を設置し、関西電力の許可をとり新しい配線をしないとクーラーは設置できないときた。

この40年のあいだに世間では、大いに電化が進化・普及し、大きな電力を消費する生活になっているようだ。この家は40年前に化石のように閉じた侭だ。私と家内の一存では決めれないので、後日連絡するという事で工事見積もりの人にはお引取りいただいた。

(テンが走る)

母屋の老朽家屋はボロだけど、庭は素晴らしい。おまけに、道路を隔てた向かいは修道院の森である。縁側の傍のガラス窓を通して庭を見つめていた。セミが煩く、又、鳥が沢山飛んでくる。突然に庭を横切るリスの大型の獣を見た。リスにして大きい、タヌキにしてはスマートである、狐の顔はしていない、明らかに私のデータベース検索では”テン”である。

テンといえば、学生時代に山登りで使用していた尻皮はテンでしたね。御両親に聞くと、昔からこの家に住み着いているそうです。

(エコ生活も大変だ)

5日間クーラーが無い生活を送った、但し、扇風機は存在する。風呂掃除もしたが、雨が降ると風呂釜に点火しない。今回の御蔵山寓居の点検では多くの問題が露呈した、今後、どうするか課題である。

しかし、暑ければ暑いなりの生活を子供の頃は送って来た、扇風機も無い時代に育った訳だ。一日中、庭を眺めていると実に、気持ちいいものだ。

さて、料理人joは5日間シェフとして大活躍をしました、その話は次回に続きます。


|

« お盆始末記(2005) その2 | Main | イランに勝利 国民新党旗上げ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 家の改修作業、ホントにお疲れさまでした。

 私のところでは、ヤモリにムカデなんて、今生活してても出てきます。ヤモリは家守と書いて、絶対殺しちゃいけない生き物だそうですね。丸~い頭に、手足の先のまん丸の吸盤がとってもカワイクて、雨戸を開けたとたん、ヤモリちゃんが上から落ちてきても「おはよう!」って声をかけます。へへ。

 「家内とバルサンと虫を寄せ付けない薬と虫を殺すスプレー缶」?
 奥さまと並列してある言葉を読んで、笑ってしまいました。(家内と一緒に)これらの薬を買った、っていうことですよね(笑)。

 冷暖房機?ってエアコンのことですかぁ?(運動靴の仕返しです。笑。)

Posted by: wd | 2005.08.18 07:52 AM

 ムカデ・・・我が家にもたま~に出現することがあります。最近1匹出ました。夜、娘の部屋でPCを使っていたら、8cm位の奴が。

 そ~っと、スリッパを取りに行って、引き返したところカーテンの陰に・・・ビシ・バシ・ビシ!退治できました。

 1年に1匹、出るか出ないか程度なんですが、確実にいる。ゴキブリ以上に嫌いな虫です。

 周りに草木が沢山ある家は、打ち水しなくとも、涼しくていいでしょうね。自然のクーラーの中にいるようなものですね。

 テンを飼育ですか、素晴らしい。空中を飛ぶのはムササビでしたね。

Posted by: | 2005.08.18 10:33 AM

wdはん

奈良方面でもムカデにヤモリは出ますか?ムカデは怖いですね、刺されると大変です。

ヤモリは可愛いいですね、こいつは、家の守り神だから殺してはいけませんね。ひょうきんな奴です。

文章がおかしいので、ご指摘の一部は修正しておきました。何か、虫と家内を同列にするとは、許されませんね。

40年前の家なので、エアコンという言葉は雰囲気に合わないと、文学的に考えて?、言葉を選択したんですよ!(大笑)

Posted by: jo | 2005.08.18 11:15 AM

テッチャン

松戸の家にもムカデは出ますか?怖いですね?
このムカデという奴は必ずツガイで生息しとるそうやね?

あの、不気味な姿は考えただけで恐怖やね。

まあ、テツチャンの家も庭には沢山の木とか花とか茂っているので、ムカデとか虫が生息してるんやろね?

多分にテンだと思いますが、一瞬ですから写真撮影は不可能やね。庭にカスミの網を張り、捕まえてみるかな?

なんせ、家から直ぐの場所に宇治陵という森も存在するし、修道院の森も目の前で、沢山の野生動物が生息している模様である。

Posted by: jo | 2005.08.18 11:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お盆始末記(2005) その3:

« お盆始末記(2005) その2 | Main | イランに勝利 国民新党旗上げ »