« 琉球紀行(6) 道ジュネー | Main | 琉球紀行(7) 最終回 »

夏合宿2005 迫る

遂に来週末は定例”赤とんぼ 夏合宿”が開催される。気になるのは天候である。

何時ものように、岩岳の山小屋”ちんぐるま”である。私も山小屋管理人より鍵を預かっている。忘れないようにしないと、えらい事になる。(袋叩きに遭う)

毎年、この山小屋で年に数回自炊合宿をする事で生きている事を確認できる。幸い未だ誰も死んではいない。しかし、これがそのうち、一人減り、二人減り・・・・寂しくなるんでしょうな。自分が最初なら寂しさが無いので、幸いであると思う。

思えば1978年の夏合宿からこの山小屋を使用している、28年目になる。出来ればまだ20年は生きていたいので、そうすると50周年をほぼ80歳近くで迎える事になるな~~。

その頃は動体視力も落ちているだろうから、5メータ位のデカイ飛行機を飛ばさないと見えないかも知れない。皆翁になって、車椅子で送信機を握っているんだろうか?誰が飛行機の回収をするんだろうか?

それより、一番大事な炊事を誰がするんだろうか?漬物と茶漬でサラサラとすますか、ソーメンを茹でてツルツルとすすっているんだろうか?

いやいや、気楽な連中ばかりなので、以外に元気でナイスシルバーで格好良く、リムジンで乗り付けて、ワインを飲みながらビフテキを食べているかも知れない。

な~~んて、阿呆なことを考えてる場合ではない。今回の飛行機はどないな按配なのか?

わこちゃんが、又、変な飛行機を海外から購入した模様である。飛行機はEle Beeというらしい

無尾翼機であり電動機である。動画が参考Webにありますので、暇な人は参照ください。さて、尾翼が無いのでエレボン仕様である。即ち、翼の動翼二枚をエレベータとして使用するのと、又、別々に動かしてエルロンとして利用する。

栂池のスロープで飛ばすには、面白いかもしれない。

他のメンバーで面白いのは、大岩先輩のヨシオカの100グライダーかもしれない。軽量のハンドランチグライダーで風があればおもしろそうである。勿論、ヘリコプターも持参の模様である。

ま、無理せず、夏は暑いので、のんびり飛行機を飛ばしたい。(雨なら宴会)
請う御期待ですね。どんな、ハプニングが待ち受けているか?御期待ください。

|

« 琉球紀行(6) 道ジュネー | Main | 琉球紀行(7) 最終回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

JOさん、不在の間に、琉球編をしっかり読んでコメントします。
このシリーズは、大事な記事ですから、ちょっと時間をくださいな。

Posted by: Mu | 2005.07.10 05:46 AM

Muの旦那

おはようさん、今週末は信州です。楽しみです。

琉球紀行の記事ですけど、最初は一度か二度書いて終わろうとしたんですけど、なんか、沢山になりました。

まだ、終わっていませんが、もうすぐ、終わります。Muさんは琉球の巫女さんに、以前、御興味がおありのようでしたね?琉球での神祭り、先祖崇拝、もろもろですね。

あまり無理せんで下さい、御身体大事にして下さい。

Posted by: jo | 2005.07.10 07:51 AM

お〜〜  いよいよですね。楽しそうやな…。

わこちゃんは電動機にカンバックですか?
大岩さんは、グライダーもお好きなんですか?
ご報告、楽しみにしています。
僕は多分 京都どす。

Posted by: Ys | 2005.07.10 11:14 AM

Ysさん

連休ですからね、帰省されるんでしょうね。夏は京都はメチャ暑いですよね。ホンマ夏の京都は避けたいです。

そんなわけで、週末はシルバー軍団は自炊の山小屋です。昔のように食べなくなったので、美味しい物を少し食べます。と、言っても作れるかどうか?

わこちゃんは、今回は電動機ですね、飛ぶかどうか判りません、けど、皆で飛ばしてしまいます。

来週には報告できると思いますよ、楽しみにして下さい、Ysさんも是非そのうちに参加下さい。

Posted by: jo | 2005.07.10 12:06 PM

遂に、明日から信州は岩岳の山小屋”ちんぐるま”で夏合宿が始まる。

早朝に起床し、一路、白馬を目指す。中央高速で双葉インターの集合が10時である。

昼には到着し、多分に食料の買出しをして山小屋に持ち込み、午後から栂池スキー場にてフライトを開始する。

明日は、先行部隊の集結であり、全員集結するのは土曜日である。
今回は赤トンボの正史編纂について企画室より話がある筈である。

30年の歴史を築いてきた我々である、デジタル化して残したい。

Posted by: jo | 2005.07.14 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏合宿2005 迫る:

« 琉球紀行(6) 道ジュネー | Main | 琉球紀行(7) 最終回 »