« 団塊の世代 60代市場開拓? | Main | 通信の仲間達 恵比寿We »

悠々自適のおにいさん

世の中は不思議だ。我が家のふうてん娘も気楽にブルゴーニュで生きているが、上野界隈でも悠々自適のふうてんのお兄さんがいる。

毎日、愛犬二匹の散歩で広い東京を徘徊しているようだ。上野から自転車で二匹の犬を連れ、代官山近辺まで遠征するらしい。最近は、犬を連れても入れる素敵なレストランとかカフェテラスもあるらしい。

正木家のWANお花見散歩

(ふうてんおにいさんの正体?)

これが、謎である。

昔、そうですね10年前の頃でしょうか、コンテンツ事業の仕事をしている頃に一緒に仕事?をした記憶があります。本職は、もともと外人の演奏家が日本に来ると、音律の調整をしていたという話は聴いた覚えがある。

当時、私も梶山君と”Music City”というプロジェクトを推進していて、お世話になったと思う。ビートルズの全曲をカラオケにしたり、パソコンで映像と同期させたり、いろんな挑戦をしていた頃だ。

毎日、朝にはコジラ取締役が席に来られ、”チャリ、チャリとお金の音はするかな?お金の匂いはするかな?”と煩かった。久しぶりに、米国から帰国されたコジラ親父と昨晩は帝国ホテルのバーで飲んだ。

その後、プロジェクトは解散になりメンバーも解散して、行方知れずとなった。

しかし、上野の花見の儀式だけは、続いている様子である。花が咲けば、上野の動物園の入り口のピザ屋に終結し、花見が始まる。

この行事が始まる、ルーツは当時不思議なメンバーが集結した時に、東急沿線の多摩川園の前の山で花見をしたのが、トラウマになってるようだ。酔っ払い、トイレに立てこもり幾ら説得しても出てこなかった、某、女性がいた。
やっとの努力の結果、トイレより引きずり出し、タクシーに詰め込み、旦那様に電話して自宅迄送り届けた事件があった。

そんな、学生時代のクラブような職場だった。

(その後の正木さんは?)

噂では、この不思議なふうてんのお兄さんは、10年前から仕事をしていないそうだ。そして、二匹の犬の散歩を毎日欠かさず、なされていると言う。

今年も、恒例の上野の花見が雨の中、桜も散ったのに挙行されると言う。開催するほうも変だが、集まる連中も不思議な人々である。ワンチャン二匹も参加するようだ。

正木さんホームページ

|

« 団塊の世代 60代市場開拓? | Main | 通信の仲間達 恵比寿We »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ものすご興味のある記事でっけど、だれもコメントしはりませんなぁ。
Muがながめていたのは、その人がいったいどないな方法で、10年食うてきはったか、どうにもわかりにくいので、そんなボロクチほんまかいな、と躊躇した次第。

まさか、二匹の可愛らしいワンコになんか特殊な藝をしこんでるわけでもなかろうに。なぁ。

Posted by: Mu | 2005.04.15 03:20 PM

Muさん

もの凄く興味がおありでしょう?

しかし、簡単には謎は判らないほうが長く楽しめそうです。
花見の模様を記事にしますので、それを参照して御理解を
下さい。

ほたらね

Posted by: jo | 2005.04.15 07:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悠々自適のおにいさん:

« 団塊の世代 60代市場開拓? | Main | 通信の仲間達 恵比寿We »