« 海外在住者の会合 | Main | 日本の現状 大きな踊り場(1) »

冬合宿について

赤とんぼのクラブでは、突然に冬合宿の企画が持ち上がり、敢行することが決まった。世間では、もう春が来る御時世ですが、赤とんぼの世界では、冬合宿だそうだ。

(冬の定義)

信州は白馬・岩岳・栂池方面では3月末といえど、雪に覆われている。スキー場ではまだスキー客が楽しんでいる。
飛行機を飛ばしたり、ヘリコプターを飛ばし、スキーを得意とする赤とんぼのメンバーにとり、雪が存在する事事態が冬という定義であるようだ。

(雪の飛行機)

今回の飛行場は長野オリンピックのクロスカントリーの舞台になった、佐野坂での飛行となる。雪田地帯である。
飛行機は全て、水上機の仕様にしてフロートを付けて、雪の中から飛行機を滑走させて離陸させる。

この季節ではザラメの可能性もあり、雪質が問題である。パウダースノーであれば、問題ないがザラメ雪では、氷の上の滑走するので、離陸が難しそうである。

しかし、新雪の雪の地面から雪を吹き飛ばしながら、飛行機が離陸して、遥か後立山連峰を目指して飛んでゆく飛行機は、美しいと思う。車輪の代わりに、フロートをつけて飛び立つ。考えただけで美しい。

(着陸が難しい)

問題は、着陸である。雪田に着陸させる場合は地平線がはっきりしない。アバウトである。私の場合に想定されるのは、雪の中に潜り込む危険である。この場合は捜索が極めて困難になる。場所が判らん。私の飛行機は何処に消えたか?

ワンゲル時代に山スキーを経験している。新雪のスキーは難しい。40キロの荷物を担いでシールを外して、スキーをするが、幾ら後ろ加重でスキーを操作しても潜り込む。ズブズブズブ・・・・・と、気がつくと全身が雪の中である。

多分に飛行機が雪田に着陸する時はその、危険が大きい。且つ、少しでも傾いて着陸すると完璧に雪の中に埋もれてしまう。

(雪山の思い出)

この季節にワンゲル時代には山に登った。テントは夏用では駄目であり、かまぼこ型の二重のテントが必要である。雪の中で設営するので、強烈な風と零下の世界で生活が必要である。オフォーツクで育った人には負けるけど、これも楽しい。

お餅をバターで焼いて食べるのが、美味しいのだ。とにかく、エネルギーを補給しないと雪に負ける。雪の塊をコッフェルにつぎ込んで水を作るが、効率が悪い。カマボコテントの外は強烈な風が吹く。幸せな、テントの中である。

スキーの板にはシールをつける。動物の毛皮であり、逆戻りしないので、坂道を上るのに便利である。皆さんは雪山賛歌を御存知か? シール外して、パイプの煙~~~。 これは、山を登りきり、頂上に達したので、もはや、シールは必要ないんですね。あとは、下るだけ。だから、一服するんです、パイプを吸いながら休憩なんですね。

ともかく、3月下旬に冬合宿が敢行されます、どんな結果が出るでしょうか? 楽しみですね。


|

« 海外在住者の会合 | Main | 日本の現状 大きな踊り場(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 突然の雪山合宿を強行ですか。人間も飛行機も脚に橇をつけてですな。皆さんお若い!

 道産子よりも本土人の方のほうが雪には強いようですね。道産子はじっと家に閉じこもり、冬の通り過ぎるのを待ちます。生活に必要な分だけは外に出ますが、雪山を縦走?考えられません!

 赤とんぼチームの冬合宿、機体・老体の無事を祈っております。

Posted by: テッチャン | 2005.03.12 01:06 AM

哲ちゃん

遅くまで起きていないで、早く寝て、明日のゴルフに備えなされ。

今日は、日野の新選組の組長と隊員の数名と謀議でありました。どう考えても、近藤勇は特殊な顔をしている。

話は、逸れましたが、そうなんです、哲ちゃんから頂いた20年前の吉岡のキットから製作した、飛行機を飛ばします。

なんせ、年寄りなバルサですから、ボロボロで無事に飛ぶか心配どす。そこは、腕でカバーして命を繋いであげますよ。

物には魂が有り、妖怪になる!大事にしないと、幽霊になる!これ、日本人の基本の心構えなり。

Posted by: jo | 2005.03.12 01:26 AM

 うわっ~!雪合宿いやちがった冬合宿ですかあ~。

 雪田風景の写真楽しみにしております♪
(それにまた美味しいお料理紹介してください。笑)

Posted by: wd | 2005.03.12 07:37 AM

wdさん

今回は、総料理長が都合により参加されないのです。
従い、美味しいレシピは期待できないです。

”雪合宿”ですか

何か、雪合戦で遊んでる雰囲気になりますね。多分にその可能性もありますが、あくまで合宿であります。

還暦に近い連中が集まり、雪田でエンジンに火を入れて雪煙をあげて、飛行機とヘリを飛ばす。

どうなるか、判らないのが赤とんぼです。気が変わり、温泉で湯治をして帰国するかも知れません。

Posted by: jo | 2005.03.12 10:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 冬合宿について:

« 海外在住者の会合 | Main | 日本の現状 大きな踊り場(1) »