« 歯痛の話 | Main | 冬合宿について »

海外在住者の会合

Cimg0002Cimg0001先日、面白いメンバでの会合があった。4名の会合である。新宿のとある鮨屋での集まりでした。非常に面白い話が沢山聴く事が出来た。特に中国についてである。

(メンバ紹介)

・Mさん: 海外、特にオーストラリアでの仕事を若い頃に行ない、私は彼と数回シドニー、キャンベラに出張ベースで御一緒した。何時も明るく、前向きで、熱血マメタンクと私はアダナをつけていた。その後、主戦場を中国に移し、上海、北京、西安を中心に8年間、中国に駐在し社長をしていた。

・Sさん: 昔の部下でMさんJoの三人で一時期、豪州のビジネスをしていた事がある。その後、米国のシリコンバレーに8年位は駐在し、その後は英国に移り現在はロンドンで活躍中である。パソコン、ソフトに関わる海外子会社の経営にあたる。

・Sさんの兄貴: 私と同期であるらしい、某大手、生命保険の会社に長く勤め特に香港、中国でのビジネスを中国でされた。今は早期退社をされ、夜間の大学院に通い修士をとり異なる仕事に挑戦中である。中国語が得意である。

(人脈と金)

中国でのビジネスでは人脈と金がセットにならねば、うまく行かないそうだ。中国人は人脈で仕事をするそうだ。
例えば、日本から重要人物が中国の子会社に来訪するとする。すると、社員の中から公安当局に人脈のある者を選び、彼に北京空港からホテル迄のパトカー誘導を依頼する。

日本から到着した重要人物は空港からホテル迄、パトカーに先導されて全ての信号を青に換えながらホテルに到着する。お金と、人脈があれば可能であるそうだ。

そういえば、私も米国駐在時代に経験した。購買担当の人が中国人でしたが、いつの間にか納入業者は中国系の会社ばかりになりました。というか、彼の人脈の付加価値を増大させた訳ですね。

(北京は四声に厳格)

日本人は多少の中国語が話せても、北京では英語を話す方が賢明であるそうだ。理由は2点あるそうである。
・北京ではまず四声に厳格であり、発音が正確でなければ理解して貰えない。特に舌を折り曲げて発音する、日本には存在しないザラザラ音(舌の両側から音が震えて出て行く音)は難しいそうだ。

・北京では外国、特に英語圏の国家に対して尊敬の風潮が存在するらしい。従い、ホテルとか公共の場では英語を喋るのが得策であるそうだ。

(長江文明圏はいいかげん)

上海、重慶、蘇州等の長江文明圏では四声に厳格ではなく、いいかげんな発音でも通じるそうだ。中国の歴史は南下の歴史であり北の黄河文明は南に進出し征服した。今のベトナム(南越)あたりまでは南下したそうだ。

東南アジアの国々では漢民族の南下を今でも恐れているそうだ。それにつけても、最近の中国の軍事力拡大路線はアジアの国々にとり脅威であろう。

(豪州、南北鉄道開通)

豪州好きのMさんは、今度、是非チャンスを作り豪州南北鉄道の旅をすると話していた。エアーズロックを通過する南北鉄道は週に一二回は走るそうだ。ロックで2泊程過ごして観光し、あとは汽車で豪州を縦断する。

ここに集まりし3人は、豪州では楽しい経験を沢山した。最大の楽しみはゴルフで、小型のカンガルーをギャラリーにしてのんびりとゴルフ。高い松の木の上からは、クックバウ(ドウ)という大きな阿呆な鳥が巨大な松ボックリを投げてくる。それを、よけながらゴルフをする。

蠅は無茶苦茶存在し、白いシャツを着るともう駄目、群がり来る。背中が真っ黒になる程集まるのである。


終始、熱血漢のMさんが話をリードし、Sさんの兄貴がそれに付き合い、JoとS君は聴き役に廻った。このような、殆どの会社生活を海外で過ごした連中は酒を飲んで話をすると面白いものです。楽しかったです。

今度は、S君から英国と欧州の話を聴きましょう、次回を約束して店を離れた。

|

« 歯痛の話 | Main | 冬合宿について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

SさんとSさんのお兄さんですか?写真映りだけですが、こうも雰囲気の違うご兄弟も珍しいのではないでしょうか。
Sさん懐かしいです~企画部の時代に、机がお近くでした。PC時代を迎え、一気にSさんの活躍の場がグローバルに拡大したように記憶しています。今はLondonでご活躍中でしたか。で、お兄さんは中国を中心にご活躍。Sブラザーズ世界でご活躍!ですねっ。日本の生くべき道の先頭にいるかもしれないな~・・・

Posted by: テッチャン | 2005.03.10 09:04 PM

見かけは違いますが、共通して真面目なところが同じですよ。誰かと違ってね。(笑)

だって、58歳になってから夜間の大学院に通い、修士号をとるんですからね。

誰かと違い、通う所が違いますね?(笑)

しかし、S君は我が家では絶大の信頼のある、部下でした。勉強家だし、私生活が真面目でしたね。彼と、一緒に海外出張というと、安心していました。

Posted by: jo | 2005.03.10 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海外在住者の会合:

« 歯痛の話 | Main | 冬合宿について »