« デイスク容量300メガ 先ず有り難い | Main | 巡礼の旅について »

岩岳 ”ちんぐるま”想いで

岩岳地図

ちんぐるま(花)

今から28年前になる、職場の仲間で結成したラジコンクラブ”赤とんぼ”が正式に合宿した最初の場所がこの、信州は白馬の岩岳スキー場にある山小屋”ちんぐるま”である。

その後、毎年、春合宿とか夏合宿とか秋合宿をこの、”ちんぐるま”で挙行してきた。このクラブが存続できたのは、この”定点”である、”ちんぐるま”が存在したからである。

山小屋 ちんぐるま

この山小屋は、クラブの要である更谷さんの持ち物である。北海道の出身でありスキーのベテランでもあります。快く何時もこの山小屋を貸して頂き、我々は自炊で誰に迷惑をかけるでなく、家族のようなクラブを育んでくれた。

(昔は辿り着くのが大変)

小杉にいた頃であるが、会社が終わると、クラブで購入したバンである”キャラバン”に多量の氷と酒を積み込み、そして、飛行機を積み込み一路、信州を目指す。

最初の頃は車数台を連ねて中央高速を走り、談合坂のパーキングエリアを目指した。ユーミンの中央高速の歌が流行した頃である。各車にはCB(シチズンバンド)の無線機を備え、交信しながら走行した。今のような携帯の無い時代である。しかし、出力が弱く数百メートル離れると交信が出来ない。

遂に、全クラブ員でアマチュア無線の免許を受験し、コールサインを取得し、144メガのアマチュア無線機で交信しながら信州を目指すシステムに変革した。これで、数百キロ離れていても互いに交信が出来、スムースに軍団は行動出来る事となった。

(諏訪湖と塩尻峠)

深夜に高速道路も終わり、諏訪湖の廻りの道路を走行し、厳しい塩尻峠越えである。わこちゃんは時折、運転しながら眠り、危険な事が多発した。運転を代わり無線で元気な声を出しながら、深夜の塩尻峠越えを敢行した。

峠を越えれば松本盆地である。険しい山道をくねるように走行しながら峠を下り、松本から大町を目指す。

(仁科三湖)

仁科三湖を通過して、朝の3時頃に岩岳の山小屋”ちんぐるま”到着である。荷物を小屋に運び込み、石油ストーブに点火する。冬とか晩秋とか春でも寒い、とにかくストーブで部屋が暖まるまでは、ストーブを囲みとにかく、ビールを飲む。酒は豊富に運搬してきてるので、安心である。

次々とキャラバン部隊は到着してくる。無線で連絡をしながら各車の位置を把握して無事全員の到着を待つ。兎にかく、疲れた。昨晩は徹夜で計算機を使いプログラムのデバッグをしていた連中とか、北陸銀行のトラブルを抜け出て内緒で来てる大先輩とか、メチャクチャな激務で忙殺されていても、何食わぬ顔で参集する。これが、素晴らしい。
皆の笑顔を見て安心して、二階の寝床にもぐりこむ。

(キツツキで又やられた)

数時間の仮眠を取り、朝に起きて、山小屋を出ると又、壁はキツツキで沢山の穴を穿たれている。だいたい、バッグを外に放置しておくと、必ずキツツキで穴をあけられる。

小屋 鳥の小屋

山小屋の壁面上部には数多くの鳥の巣箱を設置しているが、それでは、すまない。いたずら好きのキツツキである。

早朝の栂池の雰囲気は好きである、山の中腹から上には霧がかかり、林には静かな風が流れる。静寂の山里の雰囲気は天国である。そこで、草むらでおしっこをする。生きてる、証である湯煙が立つ。素晴らしい世界である。

(自炊の素晴らしさ)

我々は誰も指示しないが、自然と朝飯の支度は進む。誰かが何かをしている。ハムエッグを作る人、トーストを焼く人、サラダを作る人、スープを作る人、皿を用意する人、昼のおむすびを作る人、便所掃除をする人、コーヒーを作る人、これが司令官が必要ない、究極の山仲間の姿である。原始共産主義社会?

最近は、三浦長老が食事のメニューにはウルサイので、一応、伺いはたてるようである。私は組織の理想の姿がここにあると思う。人が行う姿を見て、他に自分は何をすれば良いのかを考える。各個人の自主を尊重し、他の付加価値を自ら見つけ行動する。これが、私が、大学時代のワンゲルでも経験した山の仲間の組織である。

この、”ちんぐるま”での28年間の生活が”赤とんぼ”のクラブを形成した。

|

« デイスク容量300メガ 先ず有り難い | Main | 巡礼の旅について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

岩岳・・・気になる地名だ。44年暮~45年正月にかけて、組合のスキーツアーに参加したが、そこは岩岳スキー場と言ったような気がする。哲にとっては忘れようがないスキー場なのだ。いつか、告白せねばならないのかもしれない。

Posted by: テッチャン | 2005.03.04 12:26 AM

哲ちゃん

それは、入社した35年前の春とお正月の話やね?

哲ちゃんが、女性にモテルものと言えば、スキーやったんやろね。サロベツ原野の田舎の話をしても、あまり、もてないやろからね。(笑)

とにかく、その年はアポロが月面に到着した年でしたね。大昔、の、昔話やね。

Posted by: jo | 2005.03.04 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岩岳 ”ちんぐるま”想いで:

« デイスク容量300メガ 先ず有り難い | Main | 巡礼の旅について »