« デザイン変わりました | Main | 2005 冬合宿始末記(2) »

2005 冬合宿始末記(1)

2005_032800342005_03280025急に雪の上で飛行機を飛ばしたくなり、赤とんぼは、冬合宿を強行した。2005年3月26日(土曜)より三日間開催された。この模様の写真は”2005 冬合宿”マイフォトに収録されている。

(初日は吹雪に見舞われる)

木崎湖、青木湖あたりから路面は雪に覆われ、吹雪の様相である。四輪駆動のスタッドレス・タイヤでも危険な走行となった。私は、三島駅で山小屋管理人の車に乗り、快晴で富士山を身近に眺めながら、朝霧高原を経由して鼻歌交じりで信州に入った、が、世界は真冬だった。

千葉から来た、暇なラジコン親爺と岩ちゃんの二人も真っ青である。山小屋管理人は30年間、この岩岳・白馬の山小屋のオーナーをしているが、この時期にこの積雪と吹雪は始めての経験だそうだ。

(飛行場偵察)

吹雪の中、佐野坂という長野オリンピックのクロスカントリー会場の場所を偵察する。1メータ以上の積雪で膝のくるぶし迄沈み込む。雪を踏み均し、飛行機を駐機する場所を作らねば飛行は出来ない。今日は、吹雪がひどく山小屋にひとまず、避難することにした。

(快晴のフライト日和)

あくる、日曜日は快晴の小春日和に恵まれる。4名は気合十分に昨日偵察した、飛行会場に出向く。しかし、会場近くのメイン道路でワゴン車が横転事故をしており、交通規制で、なんと、我々の飛行場の周りはスキー客の車が渋滞し、普段は誰も近ずかない場所が車で埋まっている。

これは、アカン、と諦め事故現場が回復される午後まで山小屋に引き返し、待機する。山小屋管理人は、さればと、スキーを履き、山小屋の前の岩岳スキー場のリフト乗り場に行ってしまった。

暇な親爺3人は、取り残され、千葉のラジコン親爺の水上機の整備を眺める。

(ラジコン親爺失態)

先ず、水上機の受信機を忘れて来た。又、サーボモータが動作しない。数週間前に、印旛沼でこの水上機を飛ばし、沼に墜落させたそうだ。その時にサーボに水が入り、電子部分をやられていたようだ。結局、この水上機は飛ばす事が出来ない結論となった。

この親爺は、合宿前に私に送信機を忘れるなとか、主翼を忘れるな、とか色々と指示していた当人である。ホンマ阿呆な親爺である。

(大破無し、無事成功)

私の水上機は垂直尾翼が、水面下に入る仕様であり、雪面の中に食い込む。従い、タキシングを雪面で行うと、尾翼の垂直舵が錨(いかり)の役目となり、飛行機が滑走する速度にブレーキをかける。且つ、機首が上を向こうとすると、つっかえ棒の役目をして迎え角を作れず浮力がでない、理論的に離陸出来ない事が判明した。(阿呆やね、考えれば判る話、やらねば判らん駄目な親爺ども)

ともかく、雪田で雪の上を走らせる遊びをして、最後は手投げで飛行させた。私がこの重い機体を投げ、ラジコン親爺が操縦した。じゃじゃ馬で危なく、離陸時に墜落しそうになるが、エンジンの馬力でなんとか、親爺は飛ばした。

管理人の20年前の”サンデーα”と同じく、20年前の骨董的送信機で無事、飛行出来た。ラジコン博物館から、持ち出したような、嘘のような、本当の出来事でした。物は、大事にしましょう。

今回の、結論は、雪の上での飛行会では大破がゼロになるという事実である。墜落しても、機体は衝撃を雪が吸収するので、傷がつかない。赤とんぼ、合宿では大破ゼロは始めての歴史的偉業であった。

|

« デザイン変わりました | Main | 2005 冬合宿始末記(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

クラブ赤とんぼ、冬合宿からのご帰還おめでとう?ございます!

しかし、3月末というのにマイフォトに映る雪の多さには驚きました。札幌の兄から、北海道は近来稀に見る大雪だと報告があったが、今年は、全国的に大雪だったみたい。

それにしても、目に浮かぶ様な忘れ物多き冬合宿。若手メンバーのスカウトをしなくてよいのかと心配してしまう”フライトチーム赤とんぼ”ではある・・・

Posted by: テッチャン | 2005.03.28 09:26 PM

哲ちゃん

山小屋では、哲ちゃんの噂をしていました。管理人も岩ちゃんも”道産子 哲”のBlogを読んでいるようだ。

極北の地での子供時代の話、面白いそうです。管理人も北海道の”ビバイ”生まれ育ちですから、共通するものがあるようです。

しかし、哲ちゃんほど、田舎ではなかったそうだ。

歳とると、物忘れがひどいようだ。

Posted by: jo | 2005.03.28 09:47 PM

 雪合宿からのご無事のお帰り、おめでとうございます。
 それにしてもスゴイ雪ですね。三月下旬とは思えないです。

 「朝日の岩岳スキー場」の写真が、絵はがきにでもできそうなほど、美しかったです。

 「豚しゃぶ」に「ロールキャベツ」ですか?ロールキャベツなんて手間がかかるのに・・。赤とんぼの皆さまの料理の腕前はすごいな、と思いました。

 「レタスとはっさくのサラダ」はどうやって食べるんですかあ?

Posted by: wd | 2005.03.29 10:27 AM

アホな親爺様方々へ
お帰りなさいませ。
雪上飛行機は素晴らしく綺麗ですね~
写真でみる限り飛びそうに見えるんですけど
そうですかだめですか。飛びませんでしたか。
残念!

受信機搭載忘れたぁ?
これはダメ人間の私でも経験ありませんね。
受信機のクリスタルを付け忘れたことは
ありますけど。

Posted by: わこちゃん | 2005.03.29 11:05 AM

雪の岩岳で飛行機飛ばしてる、その上を飛行機で飛んで、韓国に到着。blogの開設はこれからです。おかしな親爺さん達見てたら、コメントしたくなりました。
乱気流で、どこぞの飛行機はトラブル有ったみたいですが、赤とんぼの飛行機は無事だったようで、めでたしめでたし。

Posted by: 韓国親爺 | 2005.03.29 04:24 PM

韓国親爺どの

そうか、ソウル赴任日でしたね、28日は。

これから、新天地でのビジネス御苦労さんです、経営者として思い切り頑張って下さい。期待しています。

そして、『八甲田』の仲間で時折そちらに遠征します。美味しいお店の開拓と宿泊設備の充実をしておいて下さい。

アニハセヨ、カムサミダ?

jo

Posted by: jo | 2005.03.29 04:46 PM

Wdさん

すみません、スキー場の名前勘違い、岩岳スキー場です。すぐ隣が栂池スキー場で夏場は栂池スキー場で飛行機を飛ばしています。

それから、グレープフルーツの間違いでした。最終日の朝に、管理人の30年前の職場の人が地元の”はっさく”を送り届けて来たと、持参し食べました。それと、錯覚です、写真は”グレープフルーツ”でした。

それから、ロールキャベツですが、これは、冷凍食品の完成品です。邪道ですね。でも美味しかったです。
コンソメで煮込みました。

色々と間違い申し訳有りません。許してね。

Posted by: jo | 2005.03.29 06:53 PM

わこちゃん

来れなくて、残念でしたね。

水上機を雪上で飛ばすには、色々と工夫が必要ですね。私の垂直舵が水面下に入るタイプは無理です。

それと、フロートに雪質に応じたワックスを塗る必要が有りますね。スキー板と同じ原理です。

しかし、楽しかったよ!来年の冬合宿には是非参加して下さい。そして、ドジの見本を見せて下さい。

Posted by: jo | 2005.03.29 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2005 冬合宿始末記(1):

« デザイン変わりました | Main | 2005 冬合宿始末記(2) »