« 宇治 木幡 古代記録 | Main | 極北の哲の田舎には負けた »

気功の藤田さん

昭和44年春、大学を卒業して富士通に入社し、田園都市線市ヶ尾駅の近くの丘の上の第三市ヶ尾寮に入った。

未だ、外壁は塗っている状況で入所となり、6畳一間に二人の相部屋でした。その時のルームメイトが藤田正和さんでした。とにかく、この寮は関西方面の大学を出た連中が収監され、関西弁の寮と呼ばれた。藤田さんも大阪大学出身でやはり関西人である。

(当時の寮仲間)

確か端の部屋に神戸商大出身の浦川、隣が神戸大学経営学部出身の三人がいた、経理の杉本、勤労の和田浜、教育の井上、そして、経済学部の同じ則武ゼミの浅野である。大阪大学出身は藤田と岡本(クエ料理で御馴染み)、光宗。同志社の大高さん、蔵田、京大の柳・・・・・。

部屋で相撲をとり壁に穴をあけたり、風呂では壁が落ちて来たり、本当にボロな、簡易アパートであった。しかし、楽しかった。大学気分が抜けずに、全員が関西弁なので、安心して職場から寮に帰れた。

当時の初任給は2万7千円だったと思う、そして寮の食事代を払い、手取りは2万円を切る時代でありました。週末は金もないので、皆でマージャンとかブラブラする生活を送った。

(藤田さんの趣味)

藤田さんは”気功”では玄人である。

気功と健康HP

彼は、海外事業部のSEとして長く海外を飛び歩き、何時の間にか”気功”にのめりこんだようです。中国本場の先生に師事し免許皆伝である。先日も同窓会があり、久しぶりに会話が出来た。

この寮で育った同期の桜は今年から来年にかけて、役職離任とか定年で会社を去って行く。この寮が社会人としての原点である。

|

« 宇治 木幡 古代記録 | Main | 極北の哲の田舎には負けた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 朝ドラの「わかば」のお母さんが熱心に、はまったはるのが気功ですね。

 藤田さんのHPも見せていただきました。
「梅にメジロ」って、自宅のお庭でメジロが観察できるなんて、スゴイ!です。
 メジロってこんなふうに黄緑色の鳥なんですよね。花札の”梅に鶯”は、間違いなくメジロの間違いです。(ウグイスは、もっと茶色で汚い色です。)

 それにしてもjoさんの交友関係は広いですねえ~~。

Posted by: wd | 2005.02.21 02:40 PM

wdさん

私は今迄、メジロを鶯と間違っていました。鶯の写真をいろいろと、参照すると茶色で雀みたいやね。

何で『鶯餅』とは緑色なんやろ? 不思議です。

藤田さんは花にも鳥にも詳しいようですね。

Posted by: jo | 2005.02.21 06:01 PM

 やはり梅にはウグイスでしょうね

 ウグイスかメジロか。愉快な議論ですね。
生き証人の一人として一言書いておきましょう。

 当方が生まれ育った伊予の家には梅の木もあ
りましてウグイスが来ていました。まあ家の木
でなくてもそこら中草木ばかりという環境なの
ですが、それでも祖父たちは庭を造り木を植え、
四季を楽しんでいたようです。

 ウグイスとメジロは大きさも形も色も似てい
ますが、固体としての違いだけではなく集団と
しての行動が違うようです。メジロは大抵2羽
以上で行動します。対してウグイスは単独で行
動します。メジロは集団でサ~ッと来てせわし
なく食事をし、せわしなく鳴き合わせて、また
サ~ッと飛び去ります。

 ウグイスは単独行動です。まるで孤独な哲学
者のようにひっそりと近づき、一人でエサをつ
いばんだり、さえずりの練習をしています。鳴
き始めの頃は下手くそなのですが段々となめら
かに艶やかな鳴き方をするようになります。

 もうお分かりでしょう?
梅の木にとどまって、ホ~ォホケキョと鳴くの
はウグイスなのです。メジロも鳴き声は美しい
し素晴らしいのですが鳴き方が素早くてシャー
プな良さなのです。ウグイスのようなまろやか
でたおやかな鳴き方ではありません。梅には似
合いません。敢えて言うとメジロは桜でしょう
ね。

 子供の頃ウグイスもメジロもトリモチでよく
捕まえました。メジロは餌付けも割合簡単で飼
い易いのですがウグイスは極めて難しいのです。
結局当方はウグイスだけは一度も餌付けに成功
しませんでした。

 国立の隠宅にもメジロはよく来ます。ウグイ
スも年に一日くらい鳴き声を聴かせてくれるこ
とがあります。しかしお姿は・・・何しろシャ
イな哲学者ですからめったなことでは見せてく
れません。

 最後にウグイスの色はモス・グリーンと言い
まして極めて高貴な色なのです。メジロの鮮や
かさ派手さはありませんが誇るに足る色である
ことをウグイスくんに成り代わって申し上げて
おきます。

Posted by: ふうてん | 2005.02.21 09:01 PM

鶯博士どの

ご高説有難う御座いました。これで、ちゃんと理解出来ました。

鶯は孤高な哲学者なんやね。人間に飼育されない。

古代の人はそんな鶯に惚れたんですね。

しかし、ふうてんさんは鳥にも詳しいですね。子供の頃に、とりもちで鳥を捕獲していたんやね。

まさか、鶯を焼き鳥にして食していたんではないでしょうね。

うぐいすも 鳴かずばよかに とりもちで 
ピン焼されて あはれは何処

なんてね。

Posted by: jo | 2005.02.21 10:36 PM

同期の藤田さんのHP見ました(まだ一部ですが)。気功のプロフェッショナル、凄い方がいますね、驚きました。Joさんと寮で同室だったとか、凝性のところ似てません?
ところで、我が家の庭にも、ここのところメジロがやってきてます。白梅の木にやってきて、花の蜜を食べているのでしょうか。2階の窓からでも白く縁取りされた目がくっきりと見えます。今度、哲も写真撮影に挑戦してみましょう。鶯もやってきます。松戸はまだ田舎なのでしょうか。

Posted by: | 2005.02.21 11:16 PM

哲ちゃん

庭のあるお家で白梅の木にメジロ。

皆様素晴らしい環境でお住まいですね、我が家は六階で来るのは、バルコニーとかベランダには、烏か鳩ですね。

よく烏の群れが飛んで来て、大きな顔をしてバルコニーを闊歩しています。ホンマ趣のない家です。

Posted by: jo | 2005.02.22 08:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気功の藤田さん:

« 宇治 木幡 古代記録 | Main | 極北の哲の田舎には負けた »