« グルメ関連 目次編 | Main | 平安京以前の京都は? »

TITANとハム仲間

地球から12億8千万キロ離れた土星の惑星、タイタンに探査衛星ホイヘンスがパラシュートで着陸した。
土星とは子供の頃から不思議なワッカを持った星だと理解していた。直径は5150キロ、気圧は地球の1.6倍だそうな。90%が窒素で10%がメタンだそうな。

2004年6月30日に地球から7年もかけて旅をして来た、探査機カッシーニは土星軌道に入った。そして、写真を撮り始め、遂に、2004年12月24日クリスマスイブにホイヘンスをタイタンに落下させた。1月14日に無事着陸した。

(衛星通信とは)

私の計算によれば、12億8千万キロから、無線を飛ばすと地球まではどれくらいかかるか?電波は光の速度とすると一秒間に地球を7周り半するので、約36万キロ飛ぶ。12億8千万キロを36万キロで割れば、どれくらいの時間で電波が地球に到達するか判明する。多分60分だと計算した。

タイタンから電波を発射すると、1時間しないと地球に届かないわけですね。地球上でも赤道上に静止衛星を揚げて通信をしています。この衛星は静止してるのではなく、地球の自転速度と同じで飛んでいるので、静止してるように見えるだけです。

太平洋、大西洋、インド洋の上空に静止衛星は打ち上げられています。1つの衛星では地球の1/3しかカバー出来ないので3個は必要です。この衛星は地上から約3万6千キロの上空に存在しています。だから、皆さん衛星を利用したテレビ中継ではレポータの答えが遅くてイライラするでしょう?最低で7万キロは電波が飛んでいるんです。

7万キロと言えば、36万キロの1/5ですね、1/5秒遅延するわけです。欧州の場合は大西洋の衛星と太平洋の衛星の二個を経由して日本に到着しますので、14万キロとなります。それだけ、遅延するわけですね。

(ハムの衛星)

さて、アマチュア無線を馬鹿にしてはいけない。世界のハムは何個も衛星を持っています。日本ではJAMSAT(日本アマチュア衛星通信協会)というものがあり、衛星を持っています。

JAMSAT

ハムは昔から静止衛星及び非静止衛星を使い交信しておりました。特に、楕円形にオービットを描く衛星の軌道を計算してアンテナを衛星に目掛け電波を発射し、衛星を追尾するんです。430メガとか1ギガの周波数を使用して10エレメントの八木アンテナを4段にスタックしてビームを絞り、発射します。

コンピュータで軌道計算のソフトは世界中に配布されていますので、そのソフトを利用してコンピュータとアンテナを制御するモータ2個を連動させるんです。(仰角、左右角)

(月面反射と流星反射)

ハムの仲間では月面反射通信と流星乱反射通信を楽しむ連中もおります。これも、電波の直進性を利用して思いがけない通信を楽しむ阿呆な連中です。

しかし、アマチュア無線家を馬鹿にしてはいけない、彼らは専門の研究家である場合が多いので、とんでもない事をしでかす。

(昔の職場の通信のプロ)

彼は、無線通信のプロでした。同時にハムでも有りました。ある時にアフリカでクーデターが発生した。アフリカ在住の日本人のハムがいち早く日本に連絡する為にハムの電波を出した。世界中のハムが虚弱な信号を受けたので、一斉に同じ周波数で電波を出し、混乱の極みとなった。

○○工場の彼は、自作の放送局並出力のリニアーアンプに火を入れ、世界中の電波を蹴散らかしてその、日本人と通信する事が出来た。勿論、法律違反ではあるが一瞬である。そして、技術力が無ければそんな、リニアーアンプの製作は出来ない。

彼は、外務省から表彰された。いち早く、邦人の避難・救出とクーデターの事実をつかめたのである。

|

« グルメ関連 目次編 | Main | 平安京以前の京都は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

タイタン話もハム話しもおもろいけど、前者がよけいに興味ある。

梅翁の世界でもあるが。
ともかく、以前「パスファイダー」でしたか、どっかの☆で探査したの。

タイタンから写真を送ってくるってロマン一杯ですね。

Muも新横浜あたりのマンションベランダにパラシュート降下させて、刻々と様子を送らせてみたいです。
富士山でっせ! 観たいのは。

Posted by: Mu | 2005.01.22 05:57 PM

火星探査機ですね。無人の探査機ですね。

”パスファインダー”は今年の春に出荷する当社の連結会計・経営パッケージの商品名でもあるな。

それは、さておき、ラジコンの世界ですね。

あたしゃ、京都の、某女子大学に探査機を送りこみ、午睡の某先生とか、女新撰組の局長さま達を探査してみたいどす。

Posted by: jo | 2005.01.22 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TITANとハム仲間:

« グルメ関連 目次編 | Main | 平安京以前の京都は? »