« 平安京以前の京都は? | Main | カモ類の生き残りは? »

心の故郷(北河内) 目次編

私は、北河内郡大字招堤村で生まれ、育った。天の川が流れ、和邇博士の遺跡があり、百済寺があり、渚の宮跡があり、隣村は継体天皇即位の樟葉宮であり、石清水八幡宮がある。そして、木津川で川遊びをした。

歴史の古い故郷であり、かぐや姫伝説も隣村である。そんな、子供時代の思い出は”JO少年物語”で色々思い出を記述しています。

ここは、JO君が生まれ育った歴史的環境について記事を纏めてゆきたい。人は、現在の環境だけでは生きていない、過去の歴史も重大なる環境であります。子供の頃から、百済寺史跡で拾う、瓦の菊花紋の断片を見てるだけで、豊かな幸せを感じたものだ。

○王仁(ワニ)博士とかぐや姫伝説 2004/4/3

○洞ヶ峠の想いで 2004/6/16

○わが故郷2 2004/3/23

○古代大和と河内 2004/6/15

○大和国原望景 2004/4/3

○出雲と三輪山 2004/3/26

○ヲホド王と私の故郷 2004/3/17

○維新の女傑 2004/4/2

MuBlog 連携

○MuBlog 筒城宮

|

« 平安京以前の京都は? | Main | カモ類の生き残りは? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

JOさん、この目次はよいですね。
 やはり、JOさんの真骨頂は地場古代史です。
 今日もな、ミステリ読むのやめて、私市奥の磐船神社へいこうと思ったが、なんとなく寒そうだったので、……。

 それにしても、地図を載せる方法はないかな。著作権問題がややこしいようですが。登録だけで、非商用なら使えるシステムは、ないだろうかな。一太郎のヴァージョンアップニュースに、地図を5カットまでなら、載せてもよいのがあったが、一記事あたりか、一blogあたりか、わからん。
 書いているJOさんは熟知していても、いまだに、地図をみないと樟葉と高槻の目鼻先事実が、ぼやけてしまう、継体天皇。

Posted by: Mu | 2005.01.22 at 05:42 PM

そうやね、確かに自分では生まれ故郷ですから、土地感覚はあるんですが、他人には判らんですね。

このあたりが、Muさんのような、プロと素人の差でしょうね。

これからは、位置関係、写真、図、等々の親切なBlogを目指したいです。

Posted by: jo | 2005.01.22 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/2630904

Listed below are links to weblogs that reference 心の故郷(北河内) 目次編:

« 平安京以前の京都は? | Main | カモ類の生き残りは? »