« 古代幻想 目次編 | Main | データベース職人 本日引退 »

世間を考える 目次編

日頃の俗世間で話題の事柄を捉えJo流の分析を行う。一応、私も俗世間で生きていますので、時折、気になる世間の出来事について、取り上げます。

分析手法とアプローチは常に独自でなければいけないと、考えています。しかし、常に、吉本風になる傾向が見られるのが、残念である。

○日本は”海の文明”目指せ 2004/8

○国家とは何だろう? 2004/9/4

○国民自ら企業を育てる風土 2004/9/9

○カンブリア紀と企業生命 2004/9/14

○ゴミについてあれこれ 2004/9/25

○子供がいなくなる 2004/8/23

○歴史観 鄭和の船団から 2004/9/26

○アテネオリンピック応援 2004/8/18

○国家と企業 2004/8/19

○日本アルプス 観光立国 2004/8/7

|

« 古代幻想 目次編 | Main | データベース職人 本日引退 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

先頭の、国家観のうち、
(島国連合、津々浦々連合、連邦国家構想)
 この構想がものすごく、印象深いです。
 JoBlog全体で5作選ぶとすると、その中の、さらに上位にいれますよ。
 独特というか、真っ当な成熟した社会の男性が、すなおに人生観と社会観から導出した、ぽとぽととひたたり落ちる蒸留酒、そんな香りですね。

 政治、経済、功利打算だけじゃ生きている値打ちが半減、そこに、まっとうな夢、身の内底からわきあがるような、理想、それへの実現の道。
 こういうものを示してくださっただけでも、JoBlog万歳です。

他にも多々ありますが、まずは一献。

Posted by: Mu | 2004.12.20 at 05:14 PM

Muさん

ご希望により、”日本は海の文明目指せ”を追加しました。一番目にしました。

素晴らしい、評価に耐える記事かどうか分かりませんが、今後の50年の日本の進路については我々も未だ、責任があります。

EUはキリスト教文明経済共同体でありますが、今度の、ボスポラス海峡を越えた、トルコの加盟問題が注目です。

海の文明は可能性が大きいです、宗教を越えて連合を組む、経済・政治・安全保障を含めた挑戦が夢であります。


Posted by: jo | 2004.12.20 at 08:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/2312177

Listed below are links to weblogs that reference 世間を考える 目次編:

« 古代幻想 目次編 | Main | データベース職人 本日引退 »