« 海外生活(異文化交流) 目次編 | Main | スマトラ沖 地震災害 »

無線関連 記事目次

私は、日本ではアマチュア無線2級のライセンス、米国ではN6IHEのライセンスを取得して電信(モールス)とSSBで昔活躍しました。最近は、ラジコンの無線操縦機を手に、飛行機を操縦しています。

電波には興味が、あるんです。世界中を掛け巡ることが出来るし、又、人間の思いの通りにはゆかない。自然現象に左右される世界なのです。偶然を喜ぶ世界であり、その事で偶然に出会えた人の会話は、まさに、一期一会であります。

最近、久しぶりに雑誌”CQ誌”を買いました。どうやら、今は冬の時代のようです、しかし、又、陽があたる時代が来る。そう確信しています、だって、常に、携帯電話とかパソコン通信で繋がり、交信できるなんて不思議なのです。

○役に立たないアンテナ雑学 2004/12/3

○久しぶりの無線の話 2004/12/2

○JRX378送信機 2004/11/3

○本格OS搭載送信機 2004/11/18

○アンテナのある風景 2004/4/10

|

« 海外生活(異文化交流) 目次編 | Main | スマトラ沖 地震災害 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

長い人生でやろうと思ってできんかったのは無線です。30数年前、電話級の試験を寝屋川の無線学校(大学か高校か忘れましたが)で受けましたが落第しました。Niftyのパソコン通信で憂さを晴らしました。パソコン通信には試験がなかって
よかったです。子供の頃、トンツーにあこがれました。そんなことを思い出しました。有難うございました。

Posted by: hisaki | 2004.12.27 at 07:30 PM

今からでも、大丈夫ですよ。

昔、ラジコン仲間では全員がハムの免許を受験するので、蒲田の居酒屋の二階で勉強会をやりました。

仲間で電気をでた連中が講師になり、受験問題の解説をするんです。オームの法則とか、電圧=電流x抵抗
とか、電離層の勉強とか、・・・早目に何時も、切り替えて宴会でしたけどね。

全員で受験に行き全員で合格しました。最初は、電話級でした。その後、私は、2アマを受験して本格的に電信をやり始め、海外通信を始めました。

今は、何時でも受験出来ると思います。けど、パソコン通信が普及しましたので、ハムの人口はまるで、減りました。希少価値がありますよ。

Posted by: jo | 2004.12.27 at 09:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/2383066

Listed below are links to weblogs that reference 無線関連 記事目次:

« 海外生活(異文化交流) 目次編 | Main | スマトラ沖 地震災害 »