« ふうてん老人日記 返信目次編 | Main | スイス紀行 目次編 »

中国 桂林紀行 目次編

2002年の暮れから正月にかけて、広州から桂林への旅をした。

一度は、水墨画の船旅をしてみたいと考えていた。予想通リ、の悠久の歴史を感じる船旅でありました。
食事をしながら、お酒を飲む。段々と強い酒にエスカレートする、中国の人が勧めるものですから、つい飲んでしまう。

頭を冷やしに、船外にでると爽やかな風が酔いを覚ましてくれる。そして、鵜飼が竹で出来た小さな船に乗り漁をしている。素晴らしい世界でした。

○桂林紀行 2004/3/20

○桂林舟遊び 2004/3/20

○桂林紀行 続編 2004/4/9

○少数民族 2004/4/9

○桂林紀行(続編) 2004/4/9

|

« ふうてん老人日記 返信目次編 | Main | スイス紀行 目次編 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

このシリーズは好きですね。
仙人界が本当に、この地球にあるということですね。
それにしても、同じ地球なのに、どうしてこれほど景観がことなるのでしょう。あるいは、他にないから、その国の特色として人の目に残るのでしょうか。

ナイアガラ、阿蘇、桂林、全部異なるでしょう。
不思議ですよ。

Posted by: Mu | 2004.12.24 at 05:10 AM

Muさん

もともと観景は異なるのが、当たり前。同じなのが変なんと違います? 地球のマグマの上の表層に浮かんでいる皺みたいなもんやから。

ところが、人類が住みやすいように、又、勝手に地球の表面を加工して行きました。文明の歴史は自然破壊そのものやね。

フランスも昔は、ガリヤの地で森に覆われていた。桂林は大昔は海の底で隆起して、浸食された。阿蘇は3万年前に爆発して、山全体が吹き飛んでしまった。

ま~~、そういう事やね。

Posted by: jo | 2004.12.24 at 01:01 PM

そうかなぁ。
 要素は限られているでしょう。
 植物相、山に川に海。
 つまり、Muは日本の自然しか、身に付いていないようでした。

Posted by: Mu | 2004.12.24 at 04:17 PM

Muさん

山ゆうても、氷河あり、北アルプスみたな岩肌だけの山もあり、カールもあり、南アルプスみたなドッペリした山があり、針葉樹で覆われた山もあり、里山みたいな広葉樹の山もあり、阿蘇みたいに草しか生えない山もあり、ハワイのような溶岩が今でも流れている山もあり、・・・あ~~もう、千差万別やで。

ま~~そういう、ことやね。

Posted by: jo | 2004.12.24 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/2348075

Listed below are links to weblogs that reference 中国 桂林紀行 目次編:

« ふうてん老人日記 返信目次編 | Main | スイス紀行 目次編 »