« 2004秋合宿 人気レシピ | Main | 昆虫親爺 来訪する »

アボリジニー 習俗

2004_11080001.JPG

わこちゃんが、豪州土産で買って来ました。豪州は原住民のアボリジニーが信ずる、幸運と富を招くお守り袋です。

(説明書による)

・これは、カンガルーの雄の特定の部分の皮で出来ている。

・アボリジニーは昔より首からこの袋をぶら下げており、大事な物を入れて何処に行くにも身につけていた。
そして、幸運と富を自分にもたらすものと、考えていた。

・或る、部族間の争いに於いて、敵のやりが飛んできて若者の首を直撃した。しかし、この袋のお陰で彼は命拾いをした。それ以後、益々アボリジニーの世界に於いて、信仰が深まった。

・15オーストラリア・ドルである

昔は、5ドル程度で販売されていましたね。私はblogの品が落ちるので、相当悩みましたが、異文化を特殊な見方をするのは、いけないと思い公開します。

MuBlogでは大和は畝傍山を背景にトンボのまぐわりの二匹の写真がありましたので、”ま、え~かな?”と思いました。

|

« 2004秋合宿 人気レシピ | Main | 昆虫親爺 来訪する »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

 私も2年前にオーストラリアに行きました。
 
 ケアンズに行ったのですが、バロン渓谷国立公園のロープウェーに乗って、
キュランダという高原の街でアボリジニの文化体験をしました。
 ブーメランを投げたり、独特な笛の音に合わせて踊る様子を見学しました。
 ですが、カンガルーのお守り袋は見落としてました。

Posted by: 羊 | 2004.11.08 11:02 PM

JOさん
 日本にも「犬のふぐり」とかいう植物が公然とあるようですから、よろしいのでは。国名美称の由来からして、……。
 しかし、なんですなぁ。
 世界は広いですね。

Posted by: Mu | 2004.11.09 08:23 AM

羊はん

ケアンズには未だ行った事が有りません。アボリジニーについては、数年前のシドニー・オリンピックの開会式での女性で世界中の人が知りましたね。

豪州の原住民は可哀相な歴史を経験しましたね。私も数回、仕事で出掛けましたが、現地のアジアの人から、悲しい歴史を聴きました。

ブーメランとか"クックドウ"という鳥のぬいぐるみとか、羊の毛皮とか、露天掘りで採集されたエメラルドがあります。

Posted by: jo | 2004.11.09 08:55 AM

Muさん

世界は広いですね。私もこれで、幸運と金が貯まるやろか?

もっと、デカイもんが必要やね。

Posted by: jo | 2004.11.09 08:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アボリジニー 習俗:

« 2004秋合宿 人気レシピ | Main | 昆虫親爺 来訪する »