« 虎ノ門瓦版(1) | Main | 新潟県中越地震 募金 »

電動機 新横浜

Cimg0029.jpg

新横浜は鶴見川で電動機が飛行しています。背景はプリンスホテルと新幹線の駅前のビル群です。

電動機は静かな飛行ですから、廻りに迷惑をかけません。しかし、着陸時にまともな滑走路が無い為に、よくモータの軸を痛めます。

2002年は8月の早朝でのフライト模様です。飛行機は、赤とんぼのかっちんの飛行機です。

|

« 虎ノ門瓦版(1) | Main | 新潟県中越地震 募金 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

機影が空に溶けず、くっきりでましたね。
プリンスホテルというと、旧皇族の跡地かな?

「着陸時にまともな滑走路が無い為に、よくモータの軸を痛めます。」
 JOさんも、相当に、レトリックというか、文章道というか、文飾というか、粉飾決算というか、テダレになりましたね。上記引用は要するに「着陸は、墜落」ということなんでしょう。

Posted by: Mu | 2004.10.26 04:03 PM

電動機の問題は、モータの軸が壊れ易いという事なんやね。曲がるんです。

そうすると、もう棄てるしかない。私も、一年間に何個のモータを購入したか? ホンマ模型屋さんが儲かる仕掛けなんやね。

一度、夏草の中に墜落して、モータ制御が高速回転の儘でしたので、プロペラが草に引っ掛かり、機体を回収した時は既に、モータが焼き切れていました。凄い匂いがしましたね。

Posted by: jo | 2004.10.26 05:05 PM

 そこで質問です

  貴兄のラジコンはよく(墜落)するようですね。
 滑走路がないとすると一体(墜落)しない時の(着陸)
 はどんな案配なのでしょうか。
 さらに、(離陸)もどないするんですか?

  子供の頃やっていたゴム飛行機ですら、家の庭の
 道が土からコンクリートになって、(離陸)し易くな
 って大喜びしたものです。
 手で飛ばすのは面白くなかったのですね、当たり前
 過ぎて。
 (翼よあれがパリの灯だ)の映画じゃないですが、
 滑走して生垣を超えて離陸出来るように、子供ながら
 に熱中して工夫したのを思い出します。
 ただしゴム飛行機ですから飛び上がっても、後はよし
 なに、でしたがね。

  離陸や着陸の時、ラジコンの操縦桿が忙しいでしょう
 からデジカメも難しいでしょうが、暇そうなオッチャン
 でも見つけて(カメラ助手)に任命して、離着陸の
 (その時)を写してくれたら言うことありません。

Posted by: ふうてん | 2004.10.27 12:34 AM

ふうてんどん

お言葉の通り飛行機の美しさは離陸、着陸にあります。滑走路があれば勿論この醍醐味を楽しめる訳ですが、鶴見川の河岸段丘では広い滑走路に恵まれません。

離陸は手投げになります。これは、難しいのです、滑走路を使うと簡単に離陸出来ますが、手投げは難しい。

左手に送信機を持ち、右手に飛行機の重心位置を握ります。風上を探します、そして左手のプロポを顔に近ずけエンジン制御のステイック棒を口でくわえて、最高回転位置に動かします。

エンジンは全開となり、右手の飛行機がプロペラ後流の風をまきたて、凄い力で前進しようとします。同時に排気管より不完全燃焼のオイルを吐き出し顔を襲います。

そこで、落ち着いて走り始めます、機体を水平に保ちながら100メータ走を走るように全力で走ります。そうすると、機体に浮力が沸いて来ます、機体が軽くなるんですね。

そうすると、機体を水平に前に送り出します。ここで、仰角を持った方向で機体を投げるのは厳禁なのです。失速するんですね。

そこで、すかさず、左手のプロポを両手で握り2本の操縦桿を両手の親指で制御に入ります。
失速ギリギリで飛行機は飛ぼうとしていますから、この時点で動翼の制御を行うのは最低限に止めて十分に機速と揚力が得られた時点で制御に入ります。

以上、手投げ離陸に関する『jo解説』です。
あ~疲れた、着陸は又ね。

Posted by: jo | 2004.10.27 09:30 AM

 えらいこっちゃね

  ラジコン飛行機飛ばす時一緒に走るいうのん
 知りませなんだ。

  10秒で100メートル走る最速ランナーは
 時速何Kmになるかしら。
 1分=10秒×6=600m
 1時間=1分×60=36000m=36Km
 つまりカール・ルイスの時速は36Km。

  JOさんがコントローラ持ってよたよた走った
 らおそらく半分の時速18Kmいきますまい。

  そんぐらいなら我がロシナンテでも走れます。
 ロシナンテやと屋根ないから便利や思う。

 (いくでえ、用意ええか)
 (ええよう)
  ・・・・。
 しばらく走って、ロシナンテの助手席のJOさん
 が(水平に)飛行機を離してやる。
 その結果の証拠写真がプリンス・ペペのこの写真。

 (ところで、帰りはどないするんや)
 (うまい具合に車、運転せえよ、今呼ぶさかい)
 と、JOさんラジコンで飛行機を呼び戻しつつ、
 兵庫方面の鴨池でカモ取る時の網を構えて助手席
 から身を乗り出して着陸(捕獲?)に備える。

  メルヘンですねえ。
 着陸=墜落やおまへんのやでえ。

Posted by: ふうてん | 2004.10.28 01:53 AM

瘋癲親爺どの

そういえば、『ロシナンテ』がそろそろ危なそうな雰囲気ですね。もう30年以上は御主人にお仕えなさっておられるので、寿命が近いね。

一度、『ロシナンテ』古の名馬に乗せて頂き、箱根の山に登りグライダーでも飛ばしますか。

初老の二人が、格好え~オープンカーに乗り、格好え~『ラジコン・グライダー』を飛ばす姿は格好え~よう。

富士五湖を眼下に『悠然』と飛ぶグライダーはまるで、初老の我々二人の人生を語るようやね~。

これで、安心して愛馬『ロシナンテ』も寿命を全う出来るんとちゃう?

Posted by: jo | 2004.10.28 10:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電動機 新横浜:

« 虎ノ門瓦版(1) | Main | 新潟県中越地震 募金 »