« マイフォト人気瓦版 | Main | Chaser完成 »

Chaser 製作途中

2004_10300001.JPG

この飛行機は、多分25年位前のバルサ・キットである。会社の同僚で北海道の山奥でヒグマとともに育った友人より頂いた。25年間ほど、押入れで眠っていたようだ。

二日前の夜より体調を壊し、昨日は一日、床に伏せっていた。珍しく、体調を壊した。夜、自宅に辿りつく迄は悲惨であった。疲れと、風邪と心労(笑)で身体がかなり弱っていた。

(チェーサー低翼スポーツ機)

この飛行機は、世界チャンピオンになられた、四国の吉岡氏が設計した小型の低翼機である。28年前には名機である、”サンデーα”を赤とんぼのメンバーはよく飛ばしていた。運動性能に優れており、且つ、初心者でもなんとか飛ばせる機体を設計された。

この飛行機は当時、存在する事は知りませんでした、一応、低翼機ですので中級者に向けた機体であると想像します。日本語では追撃機というわけですね。

(製作失敗する)

昨夜あたりより、少し気分が正常に戻りつつあるので、ついつい飛行機の製作をしたくなり、製作途中のこの飛行機の主翼接合に入った。両翼をエポキシで接合し、翼に両脚の基礎部の工事をして、朝目覚めると翼が反対に接合していた。この翼は、半対称翼と呼ばれる翼形をしており、僅かに下側が平らで上のカーブが大きい。これを、逆にしてしまった。

離陸で、背面飛行で飛ばすのも考えたたが、思い切り、不可能と思われるエポキシを剥がして、やり直しを決断し、なんとか、正常に翼の接合をやり直した。大手術であった、涙涙の手術。しかし、両足の基礎工事はやり直すのが不可能であり、このまま放置し、胴体にジュラルミンの主脚を取り付ける、仕様変更にする事にした。

(頭が正常でない)

どうも集中力が切れている。判断能力がおかしい。いつもは、図面をみても直ぐに、理解できるがどうも散漫であるようだ。しかし、根性でこの飛行機を完成させる。25年前のバルサは乾燥しすぎで、脆い。曲がっているバルサ棒、バルサ板である。しかし、なんとか、飛ばしてやろうと思う。

|

« マイフォト人気瓦版 | Main | Chaser完成 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

JOさん、病気するんですね。
はあ。
 25年も前のバルサ材を組み立てる、病臥中に、ものすごく狂的印象ですよ。
 しかも、エポキシ接着を無理にはがして付け直す。翼が逆さま、……。

 ちょっとお笑いじみてくる。
 こういうお笑いはまれにありますね。

ゆっくり養生してください。もうすぐ11月。
ねずみがどうしたかとか、新製品お披露目パーティに出られるように。戸板にのって、リヤカーで、砂かけ婆のやっかいにならぬように。

Posted by: Mu | 2004.10.30 04:46 PM

あい 心配かけましたね。

完全に回復しました。睡眠が一番やね。人間、睡眠を十分に取れば大丈夫やね。

来週末は信州です。山小屋で十分に休養を取って来ます。そして、11月末頃には大阪に出張します。

来週末の後立山連峰は雪を被り、麓は紅葉が美しいでしょうね。楽しみです。

Posted by: jo | 2004.10.31 03:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chaser 製作途中:

« マイフォト人気瓦版 | Main | Chaser完成 »