« スタータと『花火』 | Main | 高知 一本釣り鰹たたき »

人生模様

私は今まで二人の仲人しかしていない。もともと苦手な世界なので、関わらないようにしている。仲人するほど立派な人生を送ってきていないし、申し訳ないと思う。

(数奇な二人の仲人)

最初は”ジョイル リー”君でしたね。米国から帰国して情報処理事業本部の第七計画課長で帰任した。そこに”変”な奴がいた。MACおたくでパソコン通信のおたく青年がいました。激しい性格でパソコン通信では色々問題発言をするし、私は何回もあやまりに各方面を走り回る毎日でした。しかし、こいつが憎めない。ただ、若さの激しさが、時に暴走するわけです。

もう一人は、繊細な技術屋でしたね。秀才でしたが、”ヘビメタ”で化粧をして激しい音楽の世界の顔を持つ人間でした。潔癖症で、普段おとなしいけれど、仕事場で正義を踏みにじる野郎がいると、激しい喧嘩をやる。

最初の”ジョイル・リー”君の結婚式は参列者が殆ど、チマ・チョゴリの正装の韓国の結婚式でした。私の家内は”おとうさん、ここは日本というより、ソウルではないでしょうか?”と言わせる程でした。そして、主賓が、一番の喧嘩相手のあの、OASYS日本語ワープロの生みの親であり、パソコン通信の神田親父でした。

ヘビメタは学士会館で挙行されました。東北大学の連中が集まり、職場の連中が集まり楽しい結婚式でした。

(昨夜の人生相談)

昨夜は久しぶりに若者から人生相談の依頼を受けた。相手の女性は”お嬢様”こちらは、片親で且つ母も再婚している。私は本当に驚いた、今どき身分の違いが存在すると言われたことである。

そんな事なら、私の娘どもはどうなんだ?一人は、世界を又にかける定職を持たない旅人であり、もう一人は5才の子供を抱え離婚しとる。馬鹿息子は何回も落第して今は琉球の大学でバイオリンを弾いとる。

ここは、日本でありヨーロッパの階級社会ではない。身分に差などはない。問題は、本人同士の強い繋がりである。
昔、梅安さんが名言を言っていた、”愛は反社会的である”、”過酷である”と。

お互いが”過酷な道を一緒に歩む覚悟”があるかどうかやね。私も,歳(よわい)をかさねたもんやね。

|

« スタータと『花火』 | Main | 高知 一本釣り鰹たたき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

JOさん
 旗日の夕方めがさめてみたら、人生模様。

 千人の招待客呼んでも数ヶ月で別れる。
 入籍もせず、式も挙げずに、ずるずる同棲、10年もいる。
 (後者は、これ内縁関係ちゅうのですかぁ)

 大体昨今、男女のことは犬猫とかわらぬ、が達観内容。
 家が釣り合わぬとかどうかは、文明の衝突みたいなもんですな。

 ともかく、昔の「パソコン通信」でJOさんが若いもんのことでそこら中に詫びにまわった、って、おもろいな。
 ヘビメタ、化粧って、つまりコスチューム付きで、会社にくるのかな? F痛を闊歩するデーモン小暮さんを、一瞬想像した。

Posted by: Mu | 2004.09.23 06:01 PM

Muはん

これからは、社長がBlogで問題発言を行い、若いもんが詫びに廻るのがえ~~~な。

これまでは、せんど若いもんの不始末で詫びに廻ったさかいな~~。年寄りが問題を起こして、若者が詫びるのはえ~~話やないですか?

Posted by: jo | 2004.09.23 06:42 PM

JOはん、それや!

 もう、何十年も生きて働いて屈辱にまみれてきたんやから、これからは、詫びとか指詰めとか対社会後始末は、みんな若いもんがやればよい。
 私が不始末起こして、TVのインタビューで3年生くらいのしっかりした学生が
「このたびは、うちの教授が、えらいぎょうさん不始末しよりまして、学生代表して、深くお詫び申し上げます。本人は、馬鹿なんですが、あれで昔は賢いところも、気のええとこもあったんです、なんとか、私らの顔をたてて、ゆるしてたもれ」
と、いうノリですなぁ。

 ルールつくって「切腹」連発はええけど、人の作った社会ルールなんて、もう、ええ。

「初老不始末の秋、詫びる若いもん」
「初の初老法適用、55歳以上の犯罪は、情状を酌量し、特別ホームに収監」

Posted by: Mu | 2004.09.23 06:51 PM

Muはん

”初老不始末の秋 詫びる若いもん”これ宜しいな!

せんせ、昼間は殆ど寝てるみたいやけど、眠りから覚めると”切れ味鋭い”でんな。

せんせは今、水滸伝に入れ込んでおられるけど、三国志に比較して人気はないですよね。多くの、梁山泊が死んで行く、世の建て直しの志に燃えた逸材が消えて行く・・・・。

そんな、儚い人々の”生きた証”が魅力なんやろね~~。若い人々に生きた証が、初老不始末の詫び廻りでも、少し可愛そうやね。

Posted by: jo | 2004.09.23 07:15 PM

元部下のヘビメタ野郎です。相変わらず喧嘩するのは変わっておりません・・・

実は、仕事場には化粧で行かないのもポリシーとして持っています(許されるかどうかはおいといて・・・)。普段は、普通すぎるくらい普通に社会生活を送り、ヘビメタの世界では、全てを破壊するような魂をほとばしる、というギャップ、それこそが「ヘビメタ」なのである、という信念でございます(プログラミング用語で言う「再帰」)。

Posted by: metal | 2004.09.24 02:55 PM

ヘビメタはん

お久し振りやな~~。勝手にblog記事にさせてもらい、申し訳ないね~。悪気はないから、許してや~。

相変わらず、音楽の方も頑張っているようやね。
ところで、niftyのcocologの容量やけど、もっとでかくしてくれ。

今度、近々に大森に飲みに行きます。声かけるね。

Posted by: jo | 2004.09.24 03:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人生模様:

» 熱かった、そして今でも熱い時代 [文車に燃ゆ恋文]
Joさんの blogに昔のメタル話が続いてる・・・ 私は今まで二人の仲人しかして [Read More]

Tracked on 2004.09.24 02:44 PM

» ブログつながり [ma2の日記]
自分のことがブログに書かれるのは実に不思議な感じがしますね。かつて大変にお世話になった上司の方が,ワタシのことをブログに書いています(http://akatonbo-jo.cocolog-nifty. ... [Read More]

Tracked on 2004.09.27 03:47 PM

« スタータと『花火』 | Main | 高知 一本釣り鰹たたき »