« 晩夏 夏草もおわり | Main | 人生模様 »

スタータと『花火』

Cimg0002.jpg

エンジンを始動するには、スタータを使います。昔は、15クラスや19クラスのエンジンの始動は手でプロペラを廻し、始動させました。スタータを使うと、小さな排気量のエンジンには負担が大きく、クランクシャフトを痛めたりします。

私は、最近は安全の為(手の指をプロペラで負傷しないように)に必ず、スタータを使用するようになりました。12ボルトのバッテリーから給電して使用します。時折、12ボルトバッテリーも充電します。

この階段に座り、一服してるところです。

|

« 晩夏 夏草もおわり | Main | 人生模様 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

JOさん
 すみません。
 くどくって。
 それにしても、ああ、その、尾翼にぶら下がる一輪車、これは風格に欠けませんか。
 もっと、幅広の、タイヤをはかせて、ピアノ線じゃなくて、せめて穴あきアルミアングルを黒で塗装して、がっちり接合できませんかねぇ。

 ラジコン模型はとばすことに専念し、離着陸の、胸を突くような一瞬を捨てる世界なのだろうか。
 そのてん、水上機は、なにがなんでもでっかく優雅なフロートがいるから、気に入っています。

 そうだ、フロート一個のもあるのかな。ああ、機体が船みたいなの。

この「花火」目立ちますね。

Posted by: Mu | 2004.09.22 08:37 PM

飛行機の美しさの点で、この手の”ファンフライ機”はいまいちですね。魚の三枚おろし、みたいですから。

フロートが一つはゼロ戦の水上機は大きなフロートを一つお腹に抱きます。そのうち、ご紹介します。

Posted by: jo | 2004.09.22 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スタータと『花火』:

« 晩夏 夏草もおわり | Main | 人生模様 »