« 夷の狸のお話し うなぎの風俗 | Main | ミュンヘン博物館 »

屋久島の思い出

大学時代、春合宿で九州最高峰『宮ノ浦岳』に登山をした。この山は海抜零メータから一気に2千メータ近く聳え立つ特殊な山である。縦長の日本列島の季節をこの山は自分一人で実現している。
そして、三千年、四千年と生きてきた屋久杉は遥か鹿児島の南方海上から日本人の歴史を見下ろして来た。

(残雪豊富な花之江河)

屋久島は月に40日雨が降ると覚悟をして登山したが、春三月というのに雪に見舞われ、おまけに雪だらけ。
花之江河(はなのえごう)で沈没する事になった。廻りの杉は白骨化しておりこれを、枯存木と言うらしい。気持ち悪い風景である。過酷な環境でよくま~数千年も生きているんや? 不思議である。縄文杉は今は囲われて、触れないが35年前は自由に触れた。こいつは年齢が判らん、三千年から七千年という説がある。ウイルソン株なんぞは多分もっと生きていたんやろ。土地が痩せているので、生きるのは大変だと思う。しかも毎日雨とか雪ばかり、のんびり日本列島の人間どもの阿呆な暮らしを見聞してる暇が無い。

(安房 温泉につかる)

宮ノ浦岳から鹿児島を見下ろそうとしたけど、元々無理な話だそうで、且つ、雪に見舞われ早々に下山した。
安房の海岸で幕営する事になり、海岸を歩いていると、なんと、引き潮になると温泉が出来る。
パーテイ全員で裸になり、岩間の窪みに出来た温泉に入り、登山の疲れを癒す。
阿呆な魚もいるもんで、引き潮の時に逃げ後れたやろ、プカプカ浮いとる。夕闇せまる時刻である、この安房の海岸は屋久島の東南にあたる場所である。
突然に、ドカドカと地元のおばあちゃん連中がこの狭い、我々純情な学生が入っている場所に裸で来られた。
これは、まずい、全員逃げる事にして一目散に関わらないうちに脱兎の如く逃げた。後ろからおばあさん連中の声がした。

私の家の箪笥は全て屋久杉である。今はもう買いたくても買えないと思います。毎日いい香りが布団の枕元からする。

|

« 夷の狸のお話し うなぎの風俗 | Main | ミュンヘン博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

屋久島。ああ、行ってみたい。

Posted by: Mu | 2004.06.12 08:54 AM

一度はお勧めですよ。
飛行機でもいけますし、鹿児島から船でもいいし。
映画、『もののけ姫』では制作者連中を連れて、宮崎さんは行かれたそうですよ。
雰囲気が出てました。

Posted by: jo | 2004.06.14 10:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 屋久島の思い出:

« 夷の狸のお話し うなぎの風俗 | Main | ミュンヘン博物館 »