« 熊造はん今日も出陣 | Main | 黄泉の国の考古学 »

キトラ古墳 頭骨・歯発見

昨日、文化庁は奈良県明日香村のキトラ古墳の石室から、被葬者の頭部のものと見られる骨片と歯が計10点、木棺を飾っていた金具1点が出土したと発表した。

人骨から年齢や性別などが判別する事が期待され、被葬者の特定に近ずくか。
頭骨の破片は最大で長さ3~4センチ、歯は4本で1本は顎の骨がついていた。

木棺の金具は6弁の花びら形で、直径3.7センチ。釘隠しの飾り金具らしく、正倉院宝物の長櫃の金具に似ている。
近くの高松塚古墳でも類似の円形金具が出土した。

(高松塚とキトラ)

さて、歯が見つかれば歯の磨耗状況により年齢が判りますね。骨があればDNAの分析が出来そうです。
30年以上前に発掘された高松塚古墳の被葬者も未だ、未解決です。すぐ近くの古墳ですね。

天武天皇の聖なるラインに位置する皇族もしくは東漢(やまとのあや)氏の地盤です。どなたが、お眠りなのでしょうか?

見事な星宿画が天井にあり、太陽と月の軌道が示され四方の壁には四神が描かれ”黄泉の国”の世界で眠るお人はどなたでしょうか?

|

« 熊造はん今日も出陣 | Main | 黄泉の国の考古学 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

JOさん
 それとね、うちの新聞では、水が石室に入っていたこともあるから、長期間水没していたと話があった。
 骨は、水に溶けるのでしょうね。
 
 ただ。この時代、新しすぎて、唐風がぷんぷん匂うな。
 現代と似ていたかも知れない。
 和風じゃないでしょう。
 じゃ、和風ってなんなのだ、・・・それが私の深い疑問です。

Posted by: Mu | 2004.06.20 09:02 PM

湿度100%近く、石室はなるそうですね。石棺は殆ど、水浸しになるそうですね。キトラは石棺はありませんでしたが。高松塚と同じやね。
ここヒノクマの地は東漢の地盤やさかい、大陸の香りがプンプンするね。
和風ですか~~?難しい話やね~~。
卑弥呼はんにしとこ!

Posted by: jo | 2004.06.20 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キトラ古墳 頭骨・歯発見:

« 熊造はん今日も出陣 | Main | 黄泉の国の考古学 »