« 杜甫の 旅 | Main | 日本人とは何か »

異国での注文方法

私の実体験の失敗談からの教訓をお話しします。

(米国赴任 初日)

サンノゼに赴任しました。先ず、自宅を決める迄は安モーテル住まいです。性癖の悪い先輩がいると”Water Bead”の部屋を予約されたりして、夜はプカプカして眠れんおしおきの洗礼に会います。
私の場合は素晴らしい、紳士の先輩連中でしたので、免れました。さて、晩飯を一人で食べに、出掛けました。

(安そうなレストランに入る)

とにかく、高級なレストランは敷居が高いので、適当に安そうな、うらびれたレストランに入りました。

(メニューは 見知らぬ文字)

ミミズがニョロニョロ這ったような、変な文字のメニューなのです。廻りを見渡すと中東のイラン・イラクというか遊牧民なのですね。私は、”English Menue”プリーズと言いましたが、かぶりを振ります。
しょうがないので、適当にメニューに指をさして注文した。相手は変な顔をしましたね。

(生の玉葱 コロン)

本当の話です。お皿に生の玉葱が一つ、そのまま、剥いたものがコロンと出てきました。

(教訓)

メニューが判らん時は、廻りを見渡し、よさそうなものを食っている連中のお皿を指で指して、”あれ くれ” と言いましょう! 間違いないです。玉葱コロンよりましです。

これは、本当の実話です。恥を忍んで書きました。

|

« 杜甫の 旅 | Main | 日本人とは何か »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

わたしなど日本でも、見知らぬ店ははいりにくいのに、joさんは世界中どこでも生きていけそうやね。

Posted by: Mu | 2004.06.12 08:47 AM

街路から中がガラス越しに見えるお店は大丈夫です。私は自慢ではないですが、一度も危険な目に遭遇した事は有りません。概ね、アメリカで4~5年駐在してると、一度か二度は危険な目に遭遇するそうですが、私は用心深いのでたまたま遭遇しませんでした。
基本的に下界は危険であると考えています、エレベータに乗る時も決して背中を他人に向けません、夜中にストリートは歩かない、アベニューは大丈夫ですが路地裏は危険です、常に周りに注意を払う事が大事です。考えてみれば、昔は刀を差して歩いていた、ピストル腰にさしていた訳です。如何なる状況でも、危険が存在する事を忘れてはいけない。

Posted by: jo | 2004.06.12 09:23 AM

 こんばんわ
 それにしても、たまねぎコロン がメニューにあるということはそれを頼む人もいるということですよね?
 なにか食べ方があるのかもしれませんよ。

Posted by: 羊 | 2004.06.12 09:15 PM

今度、イランかイラクの人に聞いてみます。
だけど、周りの遊牧民はこちらを向いて、皆さん笑ってましたね。
くれぐれも、メニューがフランス語とかイタリア語の場合でも、周り見て、うまそうなもん食べてるもん注文して下さい。

Posted by: jo | 2004.06.12 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 異国での注文方法:

« 杜甫の 旅 | Main | 日本人とは何か »