« 身代わり土偶から呪いの人形へ | Main | 標高4000メータの ヒヒ »

梅安先生アメリカを行く

1989年か90年のTownsを開発していた頃の話しである。奇才技術者梅安先生と米国への旅に出た。

水先案内人として剃刀Tom君が同行してくれた。Tom君はニュ-ヨ-ク生活が長く、且つ国際ビジネスマンとして名うてのこれ又、奇才であった。まともで普通の人間は私だけである。

出発前から嫌な予感がしていた。

(デンバーの思い出)

先ず向うはロッキ-山脈の麓であるデンバーである。ソフト会社さんとの交渉であるが、ホテルで朝の待ち合わせ時間になっても梅安先生は起きて来ない。Tom君部屋に電話するも応答無し、しょうがないので放置してビジネスマン二人は会社に向かい仕事を済ます。

仕事終了した昼飯頃に梅安先生顔を出す。先生米国の技術屋とひとしきり映画の話か何かして空港に向う。

さて、次に目指すはシカゴである。空港でチェックイン済まそうとカウンタに向うと、先生曰く、ジャケットを会社に忘れた!従い、航空券が無いし、パスポ-トも無い。平然としている。それでどうしたか忘れたけれど、無事シカゴに着いた。

(シカゴの思い出)

レンタカーを借りて厄介な先生を連れてホテルに向う。国際ビジネスマンの二人はテキパキ用事をこなす、ふと気がつくと、お荷物先生がいない!数百メ-タ離れた路上で先生がホームレスの御爺ちゃんとやたら親しく話している。何なんだ、二度とこの厄介先生との旅は金輪際である。この忙しいビジネスの旅に何でホームレスの親爺と話をせにゃいかんのや!国際ビジネスマン二人はそう思うのであった。

そういえば、嫌な噂話を日本を出る前に聞いた事がある。この先生昔、一人で何と大胆!ビジネスの旅に出た事があるらしい。そして、ニューヨークの路上でスリに財布をすられ、一文無しになったという話を聞いていた。おまけに、一部始終を見ていたストリートガールに慰めのお言葉を頂き、そのあと一週間彼女達のグループに金を借りて生活していたそうだ。

(ハワイの思い出)

ともあれ、最後の訪問地ハワイに向った。皆さん誤解のないようにお願いします、ハワイにはパソコンのBIOSソフトを開発している有名な会社のアジア極東本社があるのです。

先ず、到着すると先生曰く、ハワイの三種の神器を買わねばならぬとのたまわれる。先生、お言葉ですが私は考古学に少し詳しいのですが・・・・・?曰く、海岸で履くぞうり、アロハシャツ、海岸で敷くゴザとのたまう。反論しても時間の無駄なので、とにかく買う。

さて、話は尽きませんが最後に、ハワイのレストランでの大騒動の話です。

有名な日本食レストランでの勘定の場面です。私が請求書をチェックするとチップの欄に既に、15%だったか20%か忘れたが記入してある。私は抗議の弁を英語で始めたが、Tom君いきなり激高し凄まじい流暢な英語というか喧嘩腰の英語で喋り始めた。周囲の外人さん騒然とする。

最後に厄介者先生仲裁に入り、”ここは穏便にチップは無しと言うことで終わりましょう”と提案、店側はこれ以上の騒動で評判が落ちても不味いと判断したか、先生の提案を受け入れ幕を閉じた。これが先生がなされたビジネス旅行での唯一のお仕事でした。

|

« 身代わり土偶から呪いの人形へ | Main | 標高4000メータの ヒヒ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

JOさん
 口もきけないほど、呆然。絶句。
 わたしゃ、なんにもしらんと、20年以上、その梅安さんとあれこれやってきたんやな。
 それほどまでの、奇人変人だったんですかぁ?
 言葉をなくすほどに、JOさんの実話は胸にこたえた。

 F痛という会社は、もう、すさまじく懐が深いというか、ものすごくちゃらんぽらんな会社やったんですなぁ~

 しかし。梅さんやったから、かくいうLuna企画開発主任浅茅原蛸彦は、まともにあつかってもらえたのでしょうね。ありがたいこってす。

 今にして思えば、私蛸彦は、梅さんが北京の陋巷やニューヨークの下町で話し込むホームレスと、同じ雰囲気があるのやろう。うん。なるほどと、うなずいて、そろそろ寝ますです。

Posted by: Mu | 2004.05.18 01:05 AM

ともかく、二度と梅安先生とは旅行しないと決めた。それが何故ヤジキタ道中をするはめになったか?何回、先生と奈良、京都を旅するような関係になったか、判らない。その後も京都大学の医学部の寮か宿泊施設で深夜に風呂に入り、数時間風呂で寝てしまい危うくドザエモンになる事件もあった。私の中では、もう先生は伝説の人”小説 梅安先生”になりつつある。古いかれにまつわる話は話半分で聴いてもらいたい、何故なら、先生はこうあるべきだという私の”小説 梅安先生”になりつつあるからだ。

Posted by: jo | 2004.05.18 07:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 梅安先生アメリカを行く:

« 身代わり土偶から呪いの人形へ | Main | 標高4000メータの ヒヒ »