« 飛行機着水 回収大変! | Main | フロ-トの制作も夏合宿迄の宿題 »

海の邪馬台国

『海の邪馬台国 』 三内丸山遺跡が古代史の定説を変えた 邦光史郎 ISBN4-396-31077-3 祥伝社 550円 平成8年
1章 海へ向かう三内丸山遺跡 ・・・・かつて北の地に栄えた高度な技術と文化
(1)稲作以前にも"農耕"はあった
(2)職能集団に支えられた文化と交易
2章 三内丸山と吉野ケ里を繋ぐ"海の道"・・・・日本海を縦横に渡る古代人の智恵と行動力
(1)天然の港ラグーン(潟湖せきこ)の役割とは
(2)日本海から見た"縄文から弥生"へ
3章 海流の三叉路"吉野ケ里文化圏"・・・・ 最も早く弥生文化が始まった地とは
(1)邪馬台国と吉野ケ里遺跡
(2)弥生期最大の王国・吉野ケ里
(3)ふたたび故郷へ旅立つ弥生人
4章 邪馬台国はどこにあったのか?・・・・『魏志』が記す謎に満ちた"一万二千里"の道のり
(1)朝鮮半島と倭国の微妙な位置関係
(2)『魏志』が記す邪馬台国を読む
(3)邪馬台国は北九州にあった

邪馬台国の位置関係については、私と意見が違いますがなんせ私の父が生まれ育ったのが唐津ですので、吉野ケ里にも郷土愛?があります。それより、海洋民族に注目した点が同感できるところが有り、特に三内丸山遺跡については衝撃でした。私も早速当時遺跡を家族連れて訪問しました。港見下ろす高台のところに巨大な掘っ建て柱の建造物の遺跡が残り、日本海海洋民族の掘っ建て柱の技術力には驚きました。栗の植林も驚きでしたね、DNA分析と花粉分析で農業をしていた事が判明し当時は歴史の常識を変えました。今から5千5百年前頃の縄文時代の遺跡ですが1500年も繁栄した国だったんですね。昔から、疑問であったのは何故西日本には縄文遺跡が少ないのか?この謎はこの遺跡を訪問して始めて、理解出来ました。今から6000年前に鹿児島南端 トカラ列島の『鬼界カルデラ』の大爆発があり西日本を壊滅させたと遺跡で聴きました。噴煙と火山灰と気象異常により西日本はその後、数千年間は人間の住めない状況が続き縄文文化を壊滅させたと聴きました。その後、時代は下り朝鮮半島とか長江下流域より人々は稲作を持参して弥生が西日本中心に広まったそうですね。私は、長江下流域に感心があります、中国の統一が始まると特に漢帝国が生まれる頃に多量の民族難民が黄海に船出し新天地を目指したと思います。この人々は海流に乗り、親爺の育った九州地域に上陸したと考えます。勿論、朝鮮半島も何回も遊牧民が南下を始めますので、押し出されたモンゴロイドも九州、日本海に繰り出したでしょうね。まるで、難民受け入れ先のような日本列島は異民族が共存しなければ生きて行けない文化が芽生えたと考えています。ここ迄は私なりに理解出来た訳ですが、今だ悩んでいる事は何故、大陸に近い九州に日本を纏める巨大国家が生まれなかったのか? です。神武天皇さまは何故東征したのか、そして飛鳥の地に本拠を置かれたのか? その理由が今だ解けないでいます。この課題は実は現代日本の首都論争、遷都論にもおおいに関係があると思います。現代は飛行機輸送の時代ですので、サプライチェーンのハブは空港になるので、色々難しいですが。私は三輪山の麓 巻向地方で日本の国の原型が出来たと考えていますがその理由が解らんのですね。

|

« 飛行機着水 回収大変! | Main | フロ-トの制作も夏合宿迄の宿題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

JOさん、
 お話の中盤に関しては、宮崎県「湯口台縄文遺跡」を題材にした『4000年のアリバイ回廊/柄刀一(つかと・はじめ)』光文社、たぶんね光文社文庫に再掲されてる。これがおもしろい。要するに、「火の国のポンペイ」という目次章があるから、想像してください。

 終盤については、
 神武さんとは思わぬが、南九州地方は、わけのわからぬウオッホウオホ状態で、北九州は中国と手を結んだ秀才国家が林立して、息がつまったんやろな。
 だから、大和まで来た人たちは、はぐれもん集団、ひとはた上げよ集団、と違うかな。

 肝心の鉄は九州が牛耳っていたんやね?
 それと、日本国の中心に位置したかったのかな。唐津と山内が船で行き来する世界ならば、真ん中がどこかわかったんでしょう。
 瀬戸内海を難波(なにわ)まで来るのは、武装集団として資金不足でも、乗り切れる航路といか、道筋だったと思う。

まあ、JOさんの疑問は、根治療法せなあかん部分やね。
いい研究見つけたら相互に交換しませう。
(なんで、JOが神戸をすてて、蛮地F痛へいった)
(なんで、梅翁が、秋山兄弟の故地をすてて、僻地のF痛に行ったのか)
(なんで余が、葛野にこもっておるのか?)
 偶然と必然とが交差して、むつかしいね。

Posted by: MuBlog | 2004.04.30 04:40 PM

そうか米国流に言えば、Go Westですか?ヤンキ-のいる東海岸を捨てて、西部開拓やな。そして、カリフォルニアで金塊を見つけてサンフランシスコを都にしたと。梅翁もjoさんもベンチャ-精神で東国に下ったといいたいんやな。そういえば、二人ともはぐれもんやな。ところで、腑に落ちないのがMu皇帝やな、一番ベンチャ-に向いてるように思うけどな~~、判った、ベンチャ-が死に絶えた頃に一山当てるつもりやろ?怖い人やな。くわばら、くわばら。

Posted by: jo | 2004.04.30 07:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海の邪馬台国:

» 日本・歴史・古代:大和は邪馬台国である/高城修三 [MuBlog]
By NDL-OPAC GB163-G126 大和は邪馬台国である/高城修三著   大阪:東方出版、1998.9   237p ; 20cm   [Read More]

Tracked on 2004.04.30 04:22 PM

« 飛行機着水 回収大変! | Main | フロ-トの制作も夏合宿迄の宿題 »