« 高松塚古墳について | Main | 海の邪馬台国 »

飛行機着水 回収大変!

連休初日、朝六時起床 愛車”ママチャリ”で何時もの鶴見川 新横浜中州飛行場に到着。赤とんぼメンバ加藤教官は未だ姿が無い。快晴なれど、風強し、わが腕ならば大丈夫。愛機”スカイビンボ-”を飛ばす。快調なり、霊峰富士が彼方に美しい御姿でおられる。川の淵には菜の花が絨毯を敷き詰めた如き美しさなり。着陸時プロペラ破損する。加藤教官の到着、教官のプロペラを譲り受け、装着。さて、ここから今日の悪夢が始まった。先ず教官が空中でエンスト(エンジンが停止する)し川に不時着か?川淵の崖の途中に引っかかる。教官崖の上より紐の先にそこらに落ちていたペットボトルを巻きつけ、飛行機目掛け投げる、絡ませる、引き上げる・・・・無事回収成功。次は私の番でしたね、やはりエンスト川に不時着する。幸い川の淵まで降りれる場所であり、何とか紐を使い回収できた。飛行機は水浸しであり、直ぐに、電池を外し、電気系統の配線を外す。多分2~3日は回復しなでしょうね。乾くのに時間がかかる。最後は教官の飛行機がまたもや川の中に不時着する。私が崖の上から紐の先に自宅の鍵とか金属物を結びつけ、川に浮かぶ飛行機目掛け、投げる、命中するしかし瞬間、飛行機の向きが変わり、無情にも流れて行く・・・・・あ~~~あかん。対岸では暇な早朝散歩の年寄りさん達が騒いでいる。幸い下流でこちらの岸に流れ着き、私は責任感より右足を川の泥沼に入れてでも教官の飛行機を回収した。何で、今日に限り革靴履いていたんやろ!この靴は破棄処分やな。こんな日に限り、デジカメもビデイオも持参していなかった。面白い映像がとれたんやけどね。あ~~疲れた連休初日より厄日や。

|

« 高松塚古墳について | Main | 海の邪馬台国 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

JOさんは、
 ああ、経済学部やから、お門違いかな。しかし、ラジコン経験者だから、後日酒席でおしえて頂戴。
「電気製品が水没しても、数日かけて乾かせば、動くのか」

 実はわたし自身に経験はない。覚えていない。ところが、いろいろきく。
1.キーボードに珈琲をひっくり返した。
2.継体じゃなかった、携帯を水洗におとしてしまった。
3.時計はめたまま、風呂。
 種類は少ないが、事例が多い。3は、大抵助かるようだが、1と2とは決まって破滅感覚に走り、うろたえ、結局買い換え事例が多い。1なんて、キーボードだけ1500円で買えばすむのになぁ。もったいない。20万以上の出費。
 2は、まあ、性別はいわぬが、両方あるとしよう。要するに、式典参加(葬式、結婚式、もろもろ)で、着慣れないもの、正装だね、まあよくわからぬが、電話がぽろりと落ちるらしい。想像するに、日頃とは違う不自然な動きが生じて、ついぽろり、それは決して服から落ちるとは限らぬ。

 で、精密機械でも、水で洗って、自然乾燥させれば生きかえる余地はあるのやろうか?

 私には、無用のちしきじゃが、こんどパニックに陥った者が現れたなら、泰然として、にっこりわらって「数日、我慢しなされ」といって、男を上がられるじゃないの。(いまさら、揚げる「男」なんて、寸分も残ってはおらぬが)
 ま、つまらぬことを言ってすまぬ。

Posted by: Mu | 2004.04.29 04:04 PM

私に訊かないで下され。又、世間の人々を誤った方向に導く危険があります。私の経験だけを、述べましょう。何回も、鶴見川に不時着して飛行機がプカプカ浮いていた経験を持ちます、ある時は回収できずに”たまちゃん”の御見送りを受けて太平洋まで旅だたれた経験もあります。あ~~飛行機2万円、受信機1万円、サ-ボモ-タが4個で1万6千円、電池4千円、エンジン1万円、制作費用=社長の単価x20日 これが一番高いな? 締めてなんぼや?それが、流れて行く~~流し雛とか、灯篭とか、舟形棺桶の話は聞いてるけど、飛行機は珍しいな。何の話でしたっけ?そうそう、無事回収できたら乾かすんやな、長時間電源が入った侭だと汚い水は導体やさかい回路がいかれるな。1時間やそこらだと大丈夫やな。出来れば
サ-ボとか受信機とか蓋を開けて、陰干し3~4日で大丈夫やな。気が短い人はあかんで、数時間位で電源入れるとパ-やな。コ-ヒ-は汚い水やさかい綺麗な水でお祓いせんとあかんのとちゃうか?便器の場合も状況によるな。想像しとうもないけどな。あとは、京都帝都百万遍大学でエレキテル学んだ梅安傘張り浪人に訊いてたもれ。

Posted by: jo | 2004.04.29 04:40 PM

JOさんようわかった。でな、変なこと考えた。
 飛行機二万円→アルミケース2万円
 受信機一万円→セレロンCPUなら1万円
 サーボ1.6万円→ハードディスク200GB、1.6万円
 エンジン1万円→マザーボード、1万円
 電池0.4万円→キーボード+マウス、0.4万円
 JO製作200万程度?→Mu製作半日、一万円

 な、手間賃以外は、ラジコンもパソコンも変わらぬ。これはすごい発見やね。
 こういう類推によって研究は飛躍的に革命的に新知見を得るのです。

Posted by: Mu | 2004.04.29 07:45 PM

なんか、凄い発見されました? これは単に、自分の趣味に関わる費用が同世代の阿呆な親爺の趣味の費用と大差が無い!これだけとちゃいますか?ここからが経済学者のJOの分析になるな、用は団塊の世代の親爺が使える趣味の為の軍資金がこれぐらいやさかい、メ-カはそういう値段をつけとるだけやな。でや、流石経済学者やろ。

Posted by: jo | 2004.04.29 08:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 飛行機着水 回収大変!:

« 高松塚古墳について | Main | 海の邪馬台国 »