« フライト風景 | Main | 鵜飼直哉さんとの出会い »

社員教育について

私の会社は平均年齢27歳と若者中心の会社です。ちなみに
会社の事業の柱である連結会計/連結経営のソフト”SUPER
COMPACT"の責任者は取締役で30歳である。全員が公認
会計士を目指したメンバです。結果的に資格を得た人は少ない
けれど、むしろ資格は取れなかったけど、それ以上の実力を
獲得したいと望む若者の集団です。最近、1982年初頭に
米国駐在時代に偶然会社の経営者の通訳でシカゴの銀行
出向いた折、知り会えることができ、それ以来先生の塾生と
なり師と仰ぐ山田先生に社員の経営に関わる教育をお願い
した。名ずけて”指南車流MBA”。 先生は学問の領域だけ
でなく過去に富士通総研の初代社長として10年間実務を
経験されている。日本開発銀行時代より現場を経験されて
おられるので若者もより身近に感じると考えた。
大学院2年間でこなすカリキュラムを半年区切りでこなして
ゆくが、より実践的訓練を重視します。私は、5年後に10人
の若者が育てばいいと思い、社長自ら幹部候補生を先生
とともに育てたい。山田さんは昨日よりモロッコ(サハラ砂漠)
へ冒険の旅に出られました。 大丈夫やろか~~?

|

« フライト風景 | Main | 鵜飼直哉さんとの出会い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社員教育について:

« フライト風景 | Main | 鵜飼直哉さんとの出会い »