« 加藤さんとセダクション | Main | ブルゴーニュの風 »

週末飛行会(千葉)

週末は朝6時に起床し、フライト。日曜日は千葉の”赤とんぼ専用飛行場”にて加藤さん、最初の写真の人(教官)と千葉まで遠征。加藤さんはいつもの、”セダクション”(写真)とファンフライ練習機”シェルフィッシュ”。飛行場管理人の千葉の吉本さん(ラジコン親爺)は二枚目の写真。SAITO82a最新の強力な4サイクルエンジン搭載の飛行機。
そして私の”MINIX 25”スタント機です。私は、この飛行機の初飛行でした。色々、飛ばす前に問題があり約1時間ほど、二人に助けて頂き貴重な時間を無駄にした。赤トンボのいい所は全員で解決する考えと行動力です。お陰様で私の飛行機は素晴らしい飛行をしました。F3Aチャンピオンの成毛さんの設計された飛行機です、さすがですね。吉本ラジコン親爺は見事な”トルクロール”演技をこなし完璧です。(解説:飛行機ヲ垂直に立ててクルクル回る)
無事飛行会をお昼には終わり"焼肉”ヲ食べて帰還した。楽しかったな~~~~!

|

« 加藤さんとセダクション | Main | ブルゴーニュの風 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

JO社長! おはよう御座います。こんち、おひがらもよろしいようで。
 さて、MINIX25というのは本物らしい体型ですね。ほかのは、多分いろんな曲芸はできるのでしょうけど、模型っぽいですね。
 零戦や、現代のジェット戦闘機や、そういう実機じみたものは飛ばないのでしょうか。いつも疑問に思っています。
 ところで、ほらロサンゼルスでしたかサンフランシスコでしたか、空港に、いろいろな飛行機モデルがおいてあるところありますね。ビデオでとったから整理して、また相談しますが。それを見ていると、実機の方が模型っぽい時代もあったようです。とんでもない変な体型でした。
 以上

Posted by: MuBlog | 2004.03.29 09:20 AM

ラジコン(模型飛行機)では何でもありです、ジェットエンジンも15万円位で手に入ります。ただ制御系統が難しく、専門家でなければ作れません。普通のエンジンを使い、内蔵プロペラのダクテイッドファンを推力にしたスケール機を飛ばす人もいます。プールで使うビート板にエンジンだけを搭載しても
飛びますし、『どらえもん』の姿をしたラジコン飛行機とか、『風の谷ナウシカ』に登場する飛行機とか何でもありますよ! グライダーも楽しいし、だから奥が深いのです、27年間も続けても飽きません!

Posted by: jo | 2004.03.29 01:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末飛行会(千葉):

« 加藤さんとセダクション | Main | ブルゴーニュの風 »